中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石井貴士さんの「1分間勉強法」を実践してみた(後半)

 石井貴士さんの『1分間勉強法』という本に書いてある「1分間勉強法」の習得トレーニング2日目。
 昨日と同じように、午前8時スタート。

 2日目は、午前中に昨日と同じように、20分間ワンセット×3回の1クールを3回
 合計90分というメニューを実施した後、午後に1分間で本1冊をめくりきってしまうプロセスを一気に20~50冊行う
 というもの。
 これもやはりページ数は200ページほどの本であるということが前提となっている。

 さて午前中、まずは3冊。
 昨日と同じように、1冊目、見開きを6秒ずつかけて、順にページをめくっていく。
 終わりまで行ったら、頭に戻り、今度は見開きを3秒でめくっていく。
 最後にもう一度、今度は見開き1秒ずつ・・・。

 昨日もうまくできなかったことだが、見開き1秒でリズミカルにページをめくっていくというのは、なかなか難しい。そんなスピードでページをめくるのは、慣れが重要だということに気づく。しかも紙質の「重い」ものだと、1枚の紙をこちらに持ってくることすら厳しい。

 まあ、そんなこんなで、9時には終わるはずの1クールが、10時まで・・・想定の2倍=2時間もかかってしまった。それでも、昨日は9冊やろうとしていたのが6冊で終わってしまい、う~ん残念、と思っていたので、今日は時間はかかったものの「規定」の3冊はやり終えることができた。

 取り組んだ本は以下の3冊。
 『ドラッカーに学ぶマネジメント入門』片山又一郎
  これは、昨日読んだ6冊の本のエキスを抽出したような本だった。結構面白かったが、やや理論中心に感じられた。

 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』岩崎夏海
  超有名な本で、著者は去年か一昨年の紅白歌合戦の審査委員にもなっておられた。
  なかなか感動的な物語で、途中2度ほど涙が出た。

 『コークの味は国ごとに違うべきか』パンカジ・ゲマワット
  トーマス・フリードマンの『フラット化する世界』(未読です!)の論調に反対の立場で書かれているそうで、例えば、日本のコカ・コーラは米国本社と違う戦略で日本市場に向き合うことで、他のアジア諸国と中東の合計を上回る利益を上げている、とか、ウォールマートは外国ではあまり儲けていない、とか、CAGE分析という手法で分析すると、世界でビジネスする時の留意点がわかる、などのことが書いてあり、面白かった。
 世界の市場やマーケティング手法に、定型の勝ちパターンなどない、ということを主張している。


 さて、石井さん曰く、午後の<ワンミニッツ・リーディング>を一気に20~50冊やれば、本当に1冊1分間が当たり前になっている、という。本のなかの大切な部分を感じ取れるようになり、大切なページに折り目が付いているようになる(ここは大切だと感じたところで、その都度ページの角を折っていくため)、のだそうだ。

 ということで、午後1時。
 予定は1時間。
 1時間あれば、30冊程度は行けるだろう、と踏んでの計画であった。
 ここでまたあちゃーと思ったことだが、やはり400ページものだとか、ページをめくりにくい本などがあり、1時間で最低20冊、できれば30冊かそれ以上、と思って始めたのだが、結局3時間半かかって22冊。
 途中、町内の来客、電話、宅配便、宗教の訪問勧誘など、入れ替わり立ち代りがあったことも影響しているけれど、ちょっと時間がかかりすぎだった。しかも内容やキーワードが頭に入った感じがどうもしない。

 ま、1ページ1秒でめくっていく、というのは相当熟練しないと、難しいということだろうし、ページの多いものは、それだけの時間がかかるということを理解しておけば良いと思う。

 ちなみに午後取り組んだ本は以下のとおり。

 『コトラー ソーシャル・マーケティング』フィリップ・コトラー他
 『コトラー 新・マーケティング原論』フィリップ・コトラー
 『コトラーの戦略的マーケティング』フィリップ・コトラー
 『日本と世界はこう激変する 大恐慌終息へ!?』長谷川慶太郎,三橋貴明
 『世界に響け職人の心意気~ITを武器にものづくり復権を目指す、小さな組子メーカーの生き方~』谷端信夫
 『ザ・ゴール』エリヤフ・ゴールドラット
 『ザ・ゴール2』エリヤフ・ゴールドラット
 『クリティカルチェーン』エリヤフ・ゴールドラット
 『ザ・チョイス』エリヤフ・ゴールドラット
 『ザ・クリスタルボール』エリヤフ・ゴールドラット
 『ゴールドラット博士の論理思考プロセス』H.ウイリアム デトマー
 『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル
 『バブルの物語―暴落の前に天才がいる』ジョン・ケネス ガルブレイス
 『大暴落1929 (日経BPクラシックス) 』ジョン・ケネス ガルブレイス
 『アメリカの歴史的危機で円・ドルはどうなる』 日高義樹
 『ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ』 ジェイ・エリオット,ウィリアム・L・サイモン
 『ユダヤ人に学ぶ速学術』 濱野成秋
 『史上最高のセミナー ポケット版』マイク リットマン,ジェイソン オーマン
 『日本中枢の崩壊』古賀 茂明
 『2012年長谷川慶太郎の大局を読む』長谷川慶太郎
 『ストーリーとしての競争戦略』楠木 建
 『検屍官 (講談社文庫)』パトリシア・コーンウェル


 石井貴士さん曰く、これで終わったらだめなのだそうである。
 ページをパッパとめくるのには、慣れが必要である。
 感じ取る力も、慣れが必要である。
 20分×3セットを毎日、3ヶ月継続すれば「ワンミニッツ・リーディング」をより完璧にすることができるのだそうだ。

 今のところ、「ワン・ミニッツ」だけよりも、6秒かけて見開き⇒3秒かけて見開き⇒1秒でめくっていく、というプロセスをやった方が情報がちゃんと頭に入っているような実感がある。
 しかし本来のこの技法の目的は、文字情報で頭で(左脳で)理解するのではなく、文字群を絵的に右脳でつかみ取る、ということだと思うので、22冊の本を読んだ実感がなくて当然なのであり、「頭に入った実感」というのはまだ本質に至っていないのかも知れない。
 それじゃあ使えないのでは?という疑問が頭をもたげてくるが、やり方は理解できたので、この先20分×3セット=60分の訓練を続けてみて、どんな世界が開けるか、お楽しみということにしよう。
 こういうものはスキルなので、継続して定着させることが大事だ。

 面白い技法を学ばせてもらった。

スポンサーサイト

石井貴士さんの「1分間勉強法」を実践してみた(前半)

 この連休後半は、珍しくまとまった時間が確保できそうだったので、集中して「脳力」開発に充ててみようと思っていた。
 石井貴士さんの『1分間勉強法』は数年前に読んだ本だが、ノウハウ自体は、フォトリーディングと似たものであろうと思っていた。
 フォトリーディングは、いくつかの手続きがあって、きちんとやろうと思うと、それなりに時間がかかる。
 対して石井さんのノウハウは<本当に一冊1分で本が読める>と書いてあり、しかも至って簡単なやり方である。
 しかし習得するには、2日間のトレーニングが必要である、とも書いてある。
 そのため、思いはありながらも、なかなかできずにいた。

 その時間が今回ようやく確保できた。
 昨日から今日にかけて、それを中心に時間割を組んだ。


 本当は直接教わった方が、本に文字として表れていない実践的なことも体感できるからいいのだろうが、富山県に住んでいては、とても東京など大都市で行われるセミナーには参加できない。
 本に書いてあるとおり、やるしかない。
 本に書いてあるとおりのやり方はとても簡単である。

 初日。
 午前8時から開始した。
 まず1冊の本を、右ページ3秒眺め、左ページ3秒眺め、3秒目でページをめくる。
 これを最後まで一気に通す。都合10分間。
 次に、同じ本で、今度は右ページ1秒眺め、左ページ1秒眺め、次の1秒でページをめくる。
 これを最後まで一気に通す。都合5分間。
 さらに、同じ本で、今度は見開きを1秒で眺め、その1秒の時間中にページをめくる。
 これを最後まで一気に通す。都合1分間。
 以上で、16分間。
 その後4分間休憩する。
 合計20分でワンセット。


 本をめくる時のやり方は、右手で本を持ち、左手でめくっていく。
 できれば他の本を机の上に台にして斜め45度ぐらいで見るのがいい。
 あくまでながめるだけにして、文字を読まない。絵として眺める感じ。

 このやり方はトニー・ブザン氏の<フォト・リーディング>に極めて近い。

 このワンセットを、本を変えて合計3セット行う。

 石井さんの本には「200ページぐらいの本」を使うと、ワンセット20分(休憩含め)でできると書いてある。計算上はそうだ。

 3セット行ったら、疲れるので30分休憩する。
 そこまでが1クール。時間は合計90分である。

 この90分クールを3回行う。
 私の場合、8時から始めたので、午後0時半には9冊の本を読んで、終わる計算である。

 ドラッカー関係の本9冊を用意して取り組んだ。
 200ページぐらいで計算されている時間割なのに、なんと、260ページから400ページ近くあるものまで用意してしまった。
 そのため、途中で眠くなって臨時休憩を入れたり、時間も予定を大幅に超えたりで、結局6冊(2/3)しか実施できないままに予定の0時半をさらに1時間も上回ってしまった。

 初日に取り組んだ本は以下の6冊である。

 『プロフェッショナルの条件』P.F.ドラッカー
 『チェンジ・リーダーの条件』P.F.ドラッカー
 『イノベーターの条件』P.F.ドラッカー
 『新しい現実』P.F.ドラッカー
 『ポスト資本主義社会』P.F.ドラッカー
 『すでに起こった現実』P.F.ドラッカー

 今年22歳になる上の子どもが生まれた年に買った本もあり(ほとんど「積ん読」状態だった!)、そういうものも含めて、通読し、なんとなく、ではあるが、キーワードを印象に残すことができたのは大きな収穫だと思う。
 この手法を30年前に獲得しておれば、読まない本の山などなかったのではなかろうか、と思う。
(この時点では、まだ1分間で本1冊という段階ではないものの、30分程度で本を3回繰り返しめくっていくことで、色んな情報が得られることまではスキルアップした、と居える)

 さて2日目・・・の首尾は次稿で。

フォトリーディングへの挑戦

 昨日、久しぶりに試験というものを意識して勉強した。

 越中富山ふるさとチャレンジという検定試験である。
 1時間、公式問題集という本を読んだら、結構疲れた。
 勉強は嫌いな方ではないし、仕事ではいつも色んな文書と取っ組んでいるので、ものを読むということへの抵抗は少ないはずなのだが、なんだか随分疲れた。
 そこで、少し、と思って仮眠をしたら、なんと1時間半も眠ってしまった。
 1時間勉強して1時間半の睡眠である。
 ちょっと寝すぎ、と思うが、まあ久しぶりのちゃんとした勉強なので仕方ない、1時間ちゃんと勉強した自分自身をほめてやろう。

 この後は、損害保険募集人という資格試験や営業店管理という検定試験の勉強にも挑戦していかなければならない。

 時間をかけてじっくり読んでいる時間もないので、フォトリーディングという技術を習得しようとしている。
 幸い、『図解!あなたも今までの10倍速く本が読める』というハウツー本があったので、これでやり方を学んで取り組んでみようと思っている。これの元となった単行本よりもはるかにわかりやすく書いてあるので助かる。

記憶術第2回

 先日書いた「記憶術」の先生のところへ、今日再び行って来た。

 次男坊と妻の二人だけで行ってもらう予定だったが、偶然私の出張が入り、これまた偶然にその帰路、車に乗せてくれる人がいて、事務所の近くまで送ってもらうことが出来た。

 既に「授業」は終わりかけていて、前回と同じやり方を再度おさらいとしてやっているところだった。
 それが終わって、先生から「ハイ、これで指導は全部終わりです。やり方を覚えたので、これからはこれでできた時間を遊びに使うなりなんなり、時々勉強などもやって、良い時間の使い方をして下さい。」というようなことを言われ、退出した。

 帰りの車の中で妻に様子を聞いたところ、今日の授業の内容を細かく覚えていて、先生の話す内容をこと細かに再現したという。それも5分以上もである。50分授業での先生の語りを覚えているというのは驚異的なことだ。私はその場に居合わせていなかったため、息子が再現している授業風景をこの耳で聞くことは出来なかったが、授業の様子がよくわかったと妻は言っていた。

 おとといと昨日、そして今日、先生の言っていたやり方を愚直に実行していたらしい。全部の授業ではなく、高校受験の対象科目であるいわゆる5教科について実施したということである。
 ちゃんとい愚直に努力したことをまず何よりも褒めてやりたい。
 そして、まだもう1回ぐらい行かなくてはならないかなと思っていたが、実施状況の確認一発で合格した息子を誇りに思う。

 さあ、私も負けてはおられない。
(税理士の試験にチャレンジしようか思ったが、暗記よりも計算などが多いため、記憶術だけではだめなようである。ちょっと考え直さなければならないかも)
 
 頑張れ、息子よ! 自信をもって!!

仕事のプライオリティの整理方法

 知人にO氏という人がいる。
 この人から、ご自身の書かれた本を分けていただいた。
 その中に「3×3のメモ」というようなことが書かれており、興味を惹かれたが、文字面だけではよくわからなかったために、実際どのようなことをしているのか尋ねた。

O氏式プライオリティ・メモ


 で、見せていただいたのが上記のようなメモである。

 私の仕事柄、時々刻々新しい課題が発生し、上司や担当者との調整や相談も多いため、現実的には全ての課題について、こういうもので整理しながら、あるいは書き足しながら仕事を進めていく余裕はないのだが、比較的大きなものについては、何日かに一回ずつこのシートをワープロ打ちして手元に置いている。重要な課題が新たに発生した場合は、手書きで追記したりもする。
 当然この中には、実現したい自分の計画も書き入れる。それを日々目にすることでアクションを起こさなくてはという気持ちにつながる。

 こういう課題メモは、他にも色々あると思うが、画期的なことが二つある。
 一つは、仕事だけではなく、プライベート上の課題も含め、自分が対応していかなくてはならないものを全て書くということ。これにより自分の時間の使い方をコントロールすることにつながる。最近話題のワークライフバランスを地で行くようなものだ。
 もう一つは、完了した案件を黒丸にしつつ、終わったシートはファイリングされている点だ。O氏の場合はこのシートを毎日更新して毎日プリントアウトしているらしい。それによって自分が過去どういう課題に携わってきたか、またどういう課題を重視してきたかの変遷がわかる、と仰る。一週間前の重要かつ緊急課題が、昨日は最も重要度が低くなっているかも知れない。手帳では課題の重要度の変遷までを見るようなことはできない。

 仕事は重要度と緊急度で判断しろ、とはよく言われることであり、しかも実戦に適用できる判断基準だが、3×3の9象限に区切るというほんのちょっとの工夫で、知的生産技術として磨きがかかる好例である。

ブログランキング

記憶術を教わってきた

 4月の目標の一つ。
 記憶術を中3の次男坊と一緒に教わり、自分自身のパワーアップと息子の成績向上につなげること。

 ということで、今日中3の次男坊を連れて車で1時間半ほどのところにある、高岡市という町の某先生のところへ行って来た。
 記憶術というと、特殊な脳トレーニングか何かを思ったりするが、そんなことはなく、ある技法を集中して実行する、それを毎日の授業や自宅学習で繰り返し実行するというシンプルなものである。
 そのやり方は、開発した先生自身が自分自身の人生の中で実行して成果をあげ、そのやり方を多くの子どもたちにも伝授し喜ばれてきたものらしい。
 教わって、目からうろこ、である。
 先生のところでも簡単なトレーニングはしたが、本格的に活用する場面がすぐには見当たらない。
 子どもは学校という場があり、そこでの授業ですぐに実施できるが、我々サラリーマンの場合には人から教わり、それを記憶して、というシチュエーションがあまりない。

 ハードディスクに相当する人間の脳は授業まるごとを何百日分記憶しても、まだまだ余裕のよっちゃんだというくらいにキャパが大きいらしい。一方でCPUはとても小ぶりなので、考えながらあるいは議論しながら、その内容を覚えるというのには向かないらしい。大脳生理学のによるとそうなのだそうだ。
 開発した人のノウハウなのでここでつまびらかにはできないが、いずれにしろ手軽にできそうなので、これから色んな場面で活用してみたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。