中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本清張『ゼロの焦点』

 次男の買っているテレビ番組の雑誌を見ていたら、松本清張氏の『ゼロの焦点』が映画になって近く公開されるとの広告が載っていた。
 う~ん、久しぶりにサスペンスでも読んでみるか、と思い、早速購入した。
 ちなみにカッパノベルスでなんと500円という価格で売っていた。(文庫本より安かった!)

 フォトリーディングを使って読んでみた。
 フォト・・・をやっている間はとにかく脳ミソに直接放り込む感じなので、内容を理解しているのかどうかも全然わからない。
 終わってすぐに「スピードリーディング」という手法で追読した。
 日頃ビジネス書類ばかり見ているせいか、小説はスピーディーに読める。
 途中用事が入ったりして断絶はあったものの、大体1時間ちょっとで読み終わったのではないか。

 昭和34年というから、50年前の推理小説である。
 しかし、時代背景を別にすれば、全然古臭くない。
 西村京太郎も内田康夫もかすむくらいの感じだ。
 面白かった。

スポンサーサイト

今日の穴の谷霊水場はいっぱい

 2ヶ月ぶりに上市黒川の穴の谷霊水場へ水を汲みにいった。
 前々回は次男坊と、前回は長男と、そして今回は久しぶりに土曜に休みを取れた妻と一緒にである。
 駐車場に車が止められず、第二駐車場へ行った。
 こんなことは初めてだ。
 その時点でやな予感がしたが、台車を借りる受付に行って二度びっくり。
 行列がついていて、台車が空くのを待っているのである。
 そんな光景に会ったのも初めてである。

 結局着いてから出るまで2時間かかった。
 早い時は30分で終わるのだが、こんなことは初めてだ。
 それだけ人気があるということ。
 遠く、名古屋、長野辺りからは毎週のように来ている。
 特に最近は高速1000円になったこともあり、来客が増えているということだった。
 多い人は、20リットルのポリ容器を20本ぐらい持ってきてバンに積んで帰る。

 今日も10本以上の客が私の知るだけでも3組はいた。
 汲めども尽きぬ穴の谷の霊水。
 全国から訪れる信仰心の篤い人々の健康を支えているのかも知れない。

仲間由紀恵さんのドラマ「アンタッチャブル」が面白い

 これで3回ぐらい入っているだろうか。
 仲間由紀恵さん主演のドラマ「アンタッチャブル」がとても面白い。
 うまい具合に小刻みに時間がとれて、録画機材に溜めっぱなしではなく、これまでの放送分は全部見ることができている。
 なんとなく「トリック」を思わせるようなカメラワーク、音楽の雰囲気。
 そして何よりもワクワクするのは、私の大好きな、東京は神田の神保町の界隈が頻繁に出てくることだ。
 なぜ神田神保町を舞台に選んだのかわからないが(小さな三流週刊誌というのが仕事場だからだろうか)、時々突如として神保町が出てくるのでおっと思うのである。
 ストーリーがなんとなく謎めいているのもいい。

 それと、土曜の夜中に入っている「ターミネーター サラ・コナーズ クロニクル」。
 しばらく前に一斉にDVD発売及びレンタルされていて、そのうち観たいなあとは思っていたが、テレビの連続もののため、沢山レンタルしなくてはならず、それはそれで面倒だなあと思っているうちに、テレビで放送されることがわかり、次男坊が録画してくれていた。
 なかなか、映画並みの迫力で、いい作りだと思う。
 こちらも見逃せない。

 最近のお気に入りテレビライフでした。

電気自動車の番組パート2

 NHKスペシャル「自動車革命」第二弾を見た。
 長々書く時間はないのでキーワードのみ備忘のために書いておく。

 スモールハンドレッド
 中国山東省で1台1万元=約13万円の自動車販売
 日産はリチウムイオン電池を自社開発
 一回の充電で160キロメートル走行
 中国のBYDは300キロメートル走行
 従業員13万人
 12年前に創業 リチウムイオン電池の製造からスタート
 6年前に自動車メーカーを買収し急成長
 社長は王伝福氏
 いずれ電気自動車の分野で世界一になるであろう
 上記の電気自動車は年末にも市場投入予定
 米国テスラのロードスターは1000万円だが既に8000台(800台?)販売
 あるIT企業では鉄の3倍の強度を持つ強化プラスチックを開発し自社開発の電気自動車の躯体に使用
 インドのREVAという電気自動車
 日産は米国で1万台の充電スタンドを設置予定
 グーグルはスマートグリッドによって送電のコントロール事業に進出
 米国政府がそれを後押しし新産業の創出を企図
 1兆円の予算をスマートグリッドにつぎ込む
 昼間は太陽光発電で余った電気を自動車に蓄電し、夜は足りない電気を自動車から家に供給
 電気の過不足をスマートグリッドの基地であるグーグルが情報網で監視しコントロール
 投資家もエコ関係に積極的に資金を投入し始めている

 などなど
 すごい時代が来そうだ。

日経新聞変じゃない?

 日経系の新聞、雑誌は昔から大好きで、大学生の頃は日経産業新聞を、読みもしないのに定期購読していたくらいだ。
 その進取の気性が好き、だったのである。
 就職してからは、仕事の関係上もあって日経コミュニケーションや日経ビジネス、日経コンピュータなどを購読してきた。
 今は毎朝の日経新聞、日経系のポッドキャスト番組複数と付き合っている。

 しかし最近の日経新聞の書きぶりはどうも偏りがありすぎるような気がする。
 こと現政権のことに関する書きぶりが、やたら批判のための批判をしていると感じられてならない。
 具体的にどの記事のどの部分が、とは言えないが、他紙は事実をあまり予見を加えずに書いているような情報であっても、この新聞だけは最初から「こんなことしていてはだめだ」というような、決めつけ調で書いているのをよく目にする。
 日経はいつから「前政権の御用新聞・読売」になってしまったのだろうか。

 この政策は経済成長を後押しする・・・かも知れない、というような想像や推測や試算が行われず、ただ「こんなことしていては日本の産業がどんどん空洞化して日本の経済は衰退してしまう」という書きぶりばっかりである。
 さすがの私も、辟易してきた。

 マスコミは社会の木鐸なので、現政権を批判的に眺め、警鐘を常に鳴らしていくことが求められるが、無闇やたらに批判のための批判ばっかりするのはどう見てもおかしいと思う。
 一時は就職までしたいと思っていた日経から少し気持ちが離れ始めている。

本の整理続報

 午後、納屋の本の段ボールの整理を行った。
 元々45箱ぐらいからのスタートで、今日の時点であと25箱残っている状態だった。
 毎週5箱ぐらいずつ、ボチボチやって、11月中旬ぐらいには全部終わらせる計画だった。

 が、勢いがついて、今日は一気に12箱も開梱した。
 できる時にはやっておいた方がいい。
 納屋の2階の本棚もかなりきつくなってきた。
 しかし、残るはあと13箱。
 文庫用の新しいスライド書棚も届いたことだし(組み立てはまだだが)、そこも収納に使えるし、13箱分全部保管するとは限らず、処分したり売却したりするものもあろうから、まあ、なんとかなるだろう。
 この後の残りは、本というより、書類や資料、切り抜きなどが多いので、整理に少し時間がかかるかも知れない。
 それと家の2階にある書類関係も整理しなくてはならない。

 本当に必要なものなど、そう沢山はないのだろうけど。

 ま、また読みたいと思って取っていた本が今日は沢山出てきてくれたので、とても嬉しい。
 しかも5箱の予定が12箱も整理でき、さらに喜んでいる。
 この調子で、11月中旬までには全ての整理を終え、いよいよ腰を据えて多読の世界に入って行くことができる。
 そして、見極めをつけ、また不要な本は整理を進めて身軽になっていく。
 理想的だ。

ポッドキャストの新しいメニューが面白い

 ポッドキャストにはまっている。
 日経系の色んな番組をずっと聞いてきたが、最近新しい知的刺激を見つけて喜んでいる。
 <通勤立読み『ブックラリー2009』>というものである。
 これがなかなかいい。
 ベストセラー本やそうではないが知的生産性を高められるような刺激的な本を次々と扱い、内容の紹介や著者自身による解説などを20分くらいかけてやっている。
 大変面白く、毎朝・毎夕の通勤の中の徒歩の時間帯に聞いている。
 ためになる。
 本を読んだ気になる。
 実際に本を読む時の地理を頭に入れた読み方ができる。
 など、実に便利だ。

昼は国宝を見、夜は電気自動車の番組を見た

 長男の通う大学に行ってきた。
 1年生からやっているゼミの指導教授との個別懇談というものである。

 それが終わってから、富山県水墨美術館で「日本の美 国宝との出会い」という京都国立博物館所蔵品の展示を見た。
 いやあ、素晴らしいものだった。
 なんたって、普段は、京都国立博物館でも展示していない、ほんまもんの国宝の数々である。
 足利尊氏、と言われている「騎馬武者像」とか、柿本人麻呂の肖像画とか、雪舟の水墨画とか、まあ教科書でしか見られないものばかり。

 中でも感激したのは、空海の「金剛般若経開題残巻」というもので、あの空海の「下書き」めいた書であり、ところどころ、書き直し、上書き、訂正などがあり、そういうものが残っていることが空海らしい愛嬌だなと勝手に思い、一人ニンマリとしてしまった。

 ともかく、日本の宝の数々を間近で見られたというのはなかなか得がたい体験であり、ありがたかった。よくぞやってくれました。(11月8日まで)


 夜はNHKスペシャルの「自動車革命 第一部」を見た。
 トヨタを中心とした自動車産業の革命的な変化のレポートだ。

 いくつか、気になるキーワードを。
 ・電気自動車では部品点数は3万点から1万点に減少。
 ・部品メーカーはこれまでとは異なる業種ヘシフト&減少。
 ・アメリカのテスラという電気自動車メーカーの参入。ロードスターという車。(価格は1000万円、1回の充電で約350キロメートル走行)
 ・中国の農家で電気自動車が作り始められている。
 ・さびない磁石。広島県大竹市にある「戸田工業株」という会社とアイシン精機。

 関連ニュース
 ・中国のBYDという新興自動車メーカー。電気自動車。ウォーレン・バフェット氏が200億円以上を投資し、株価は1年で8倍に。

 さて、トヨタはこれからもナンバーワンの地位を維持できるか。
 電気自動車が、組み立て型で誰にでも簡単に作れるものだとすると、中国やインドなどの新興国が人海戦術でやってくると、一気に安くて軽くて低公害(無公害?)の車が攻めてくる。
 部品メーカーもどんどん淘汰される可能性がある。
 そうなると我が国の経済はどうなるか。
 やはり革新的なものを作っていくしかないのだろうけど、大変だ、と思う。

 来週の「第二部」も目が離せない。

加藤和彦さんの死の報に接して

 今日の朝刊で加藤和彦さんの死を知った。
 自殺であろうとのこと。
 62歳。
 まだ若い。

 私が最初にこの人の音楽に接したのは、確か小学校の5年生の頃か。
 従姉の部屋でサディスティックミカバンドの「タイムマシーンにお願い」の入った「黒船」というLPレコードを聞いたときだったと思う。
 もう40年ほど前になる。
 「あの素晴らしい愛をもう一度」を聞いたのは、その後である。
 作られたのがどっちが先だかは知らない。
 フォークを聞いてからロックを聞く、というのが順序だとしたら、私の場合は、この小学校の時の強烈な音楽体験があったために、一瞬普通とは逆の道筋を通ってしまっている。

 従姉は当時中2ぐらいだったろうか。
 彼女の年齢からすれば、そういう音楽を聞いても不思議はないが、魚津という田舎町の普通の中2の女子生徒が聞く音楽とすれば、今から考えてもちょっと先進的というかとんがっているというか、いい感性してるじゃん、と思う。
 その薫陶を受けた割には、「タイムマシーン」以外の曲は「変な音楽だなあ」と思ってしまい、それ以上にはならなかった。
 でも、ミカさんのあの狂おしいほどに透きとおった声は、ずっと耳から離れなかった。

 その後、ヨーロッパ三部作と言われる一連のアルバムでまたヒットを飛ばしたり、安井かずみさんとの夫婦生活を著した本など、素敵な生活を送っておられるなあと憧れを持って加藤さんの仕事や人生を眺めてきた。
 ヨーロッパ三部作では「ケスラー博士の忙しい週末」「トロカデロ」という曲が大好きだ。
 エレガントという表現がいいのか、スタイリッシュという言い方がいいのか、繊細、優雅、心地よいメロディライン・・・。
 とにかくかっこいい。

 そんな加藤和彦さんが亡くなったのはかえすがえすも寂しいことだ。
 木村カエラを迎えて第三のミカバンドを結成したと新聞記事には書いてあった。
 第二のミカバンドのアルバムも買ったが、第三でまた「タイムマシーン」や「どんたく」をやっているのなら、是非聞きたいと思う。

 軽井沢で首を吊っていたとのこと。
 何年か前に先立たれた安井かずみ夫人との思い出の場所ででもあったのだろうか。
 安井かずみさんがおられなくなって、すっかり寂しくなっておられたのかも知れない。
 だからと言って、自殺だとしたら、それは良くない。しかし加藤さんは既にこの世にはいない。
 死を悼み、残された音楽(又はその先進性、未来志向)を継いで行こう。

イチジク=浣腸?

 先日、大好きなイチジクが大量に皮を向いて冷蔵庫に入っていた。
 妻が職場の同僚からいただいたものらしい。
 うれしくて3個分ぐらい食べただろうか。

 妻いわく、イチジクを食べると通じが良くなる、明日は沢山便通があるかもよ。

 初めは冗談かと思っていた。
 イチジク浣腸、というくらいだから。

 ところがそうではないらしい。
 イチジクには通じを良くする効果があるということだ。
 冗談だと思っていたが、翌朝の便通の多いこと、軟らかいこと。

 次の晩もイチジクをいくつかいただいた。
 するとその翌朝もスッキリさわやか便通だった。
 しかも色が黒い。

 これはもしかしたら、宿便まで取ってくれたのかなあという気がする。
 確かに「浣」というのは「洗う」という意味だそうだから・・・。
 体も軽い。

 ま、あまり食べ過ぎるのも良くないと思うが、イチジクにはたぶん、間違いなく、浣腸効果がありそうだ。
 一つ賢くなったぞ。

今度は30年ぶりの再会

 高校の時の同級生Y氏に再会した。
 年賀状だけはずっとやり続けていたが、ビジネスの面、音楽などの趣味の面等、方向性が合っているわけでもなかったので、なんとなく、年賀状だけは・・・という感じだった。
 唯一の共通点は国語のAという先生をお互い尊敬していたこと。
 A先生は、ちょっと変わり者で、しかも酒をこよなく愛する人物で、文学を感受性で味わうような読み方・教え方をするため、生徒にとってはちょっとわかりにくい先生だったように思う。
 が、数少ない理解者が私とY氏だった。
 「あの先生の授業、良かったよね」というのが、彼との心情共有の始まりであったように思う。

 最近、良寛さんのことを年賀状に書いたら、彼から大学の時の恩師が良寛研究者で著書もあるとしてその本を送って来てくれた。
 良寛さんのことを教わろうと思い、昨年から再会を計画していたが、色々バタバタしていてなかなか日程調整がつかなかったが、先日新潟の五合庵に行って来たこともあり、それを機にスケジュール調整が一気に進み、昨夜の再会となった。

 30年ぶりではあったが、全く時間の経過を感じさせない。
 これはホントに不思議なことだ。

 彼は国語の教師という縁もあり、A先生とは時々お会いして歓談しているらしい。
 お元気だということを聞いて、こちらもうれしくなる。
 A先生も良寛のことについては色々ご存知なようだ。(他人を師としない人なので、私とは接し方が違うのだろうと思うが)

 いい酒を飲み、お互い元気でいることに感謝。
 ありがとうございます。

『2010年長谷川慶太郎の大局を読む』

 10年以上前、長谷川慶太郎氏の『19xx年、世界はこうなる』を読んだ。
 その年の版には、ワシントンだかどこだか忘れたが、アメリカのある主要都市では通信料金が月額30ドルの定額で利用し放題だ、と書かれていた。

 その頃我が国はISDN花盛りで、NTTは利益の極大化を図る一方で、新規参入キャリアの値下げ攻勢と古い設備の償却負担に苦労しながら長距離料金の値下げを徐々にしていく、という、いかにハードランディングにならないように事業を運営していくか、ということに神経質になりながら経営がなされていた時期で、とても「定額」などという料金体系に切り替えられる状態ではなかった。
 しかしその1年後ぐらいに、NTTも「フレッツISDN」という定額サービスを打ち出し、通信サービスの定額制サービスが広まっていった。
 日本でも定額制が必要なのだろうなあ、と思いつつ、そんな価格破壊みたいなことをしてNTTは持つのだろうか、でも時代の流れかも知れないし、それができればもっとインターネットの利用は増え、結果的にNTTも素晴らしい会社になるだろう、そういう意味ではこの「アメリカの定額制の情報提供」は重要なメッセージだよな、と読んだ当時は思っており、それが1年後に実現したから驚いた。

 それ以来、この人の提供する情報にはきちんと聞き耳を立てておかなければならないな、と思うようになった。(ここ数年、通信事業に対しては全く言及なさっていないのが寂しいが)

 さて新著の『2010年 長谷川慶太郎の大局を読む』であるが、これまで自民党の政策にお墨付きを与え続けてきた人だけに、今の民主党政権の政策に対して、無批判に賛同することはできないのであろう。
 小泉政権の功罪について、わかりやすく論評し、民主党の政策については、是々非々で論じておられる。

 今回のメッセージのおおよその内容。

・アメリカの軍事力は世界において圧倒的に強く、そのため当分戦争は起こらない。
・戦争が起こらない世界では、デフレが続く。
・このデフレは100年続く。
・デフレの世界では、政府の役割は小さくすべきである。
・その意味では小泉政治は政府の役割を小さくするための取組であった。
・小泉首相はその意味をきちんと説明しなかった。
・閣僚にも伝わらず、国民にも伝わらなかった。

・お金を集め、効率的に投資する機能はニューヨークにあり、今後もニューヨークが世界の金融の中心であり続ける。
・電気自動車は部品点数がガソリン車の三分の一でいい。(部品メーカーの淘汰が起こる)
・研究開発がこれまで以上に重要になってくる。
・アメリカの自動車産業は日本メーカーが担っていく。GMの復活はありえない。
・中国は世界の工場から市場へ転換した。
・隣国の政治的崩壊が東アジア経済の特需をもたらす。

・・・というようなことで、残念な点は「デフレ経済下では、小さな政府でなければならない」ということの理由がほとんど述べられていないため、なんで?という点が理解できないことである。ここのところをもう少し詳しく勉強しなくては、と思う。


至福のとき

 午前中、少し仕事をする。
 昼前に自宅を出、うまいラーメンを食べ、買い物を少々。
 スーパー銭湯に入り、人口炭酸泉の湯に15分ほど浸かって体の中の血流を促す。
 ゆったりお風呂に入り、血のめぐりが良くなったところで、マッサージを受ける。
 日曜の午後のそんな時間の過ごし方・・・。

 これを「至福の時」と言わずしてなんと言おうか。

台風18号

 台風18号がやってきて、日本に2年ぶりに上陸した。
 2年ぶりに上陸ということ自体、不思議な感じがするが、そうなのだろう。
 全国で大きな被害をもたらし、亡くなった方もおられるので、大変なことである。

 ところで、我が富山県にも少なからぬ被害をもたらした。
 JRは始発から一切動かなかったし、あちこちで猛風の被害が発生した。
 とは言え、南の方と比べると随分規模の小さな被害だったと思う。
 私の傘も壊れてしまったが、吹き飛ばされそうな、といったような恐怖はなかった。
 JRは動かなかったが、地方鉄道はごく普通に運転されており、魚津から富山まで通常45分くらいかかるのが、11分遅れただけだった。それも、踏み切り付近で少し減速したから、という程度の理由だ。

 富山は不思議なところで、数年前には岐阜方面から立山連峰の背後にやってきて富山平野直撃、という進路で、こちらも相当構えたものだったが、あの時は立山に当たった途端、雲散霧消してしまった、台風が跡形もなくかき消えてしまった、ということがあった。
 「日本は神の国」などというどこかの総理大臣が言ったようなことを言うつもりはないが、富山県というところは、霊峰立山に文字通り守られているんだなあという感を強く持ったものである。

 さすがにルートの関係か、今回は相当の強風が吹き、私の傘もメキメキっと折れてしまったが・・・。

地区の運動会に参加した

 10月4日(日)は朝から最高の好天だった。
 遠く立山連峰に雲ひとつかかっていない秋晴れの一日。
立山連峰10月4日

 初めて、地区の運動会に開会式からいた。
 前の勤め先のときは、土日も仕事仕事で、とても一日町内の行事に出ることなどできなかった。
 この日は午前9時の開会式前に集合し、午後3時の閉会式までしっかりいた。

 それにしても、お年寄りが増えたものだ。
 今回は1200人が参加したらしいが、私の見たところ、6割ぐらいが50歳以上。しかもその大半は60歳以上だったのではないか。
 もちろん、地域に若い人がいないということではなく、だいたいが、若い人は個人的な用事やそもそも地域の行事などには参加しない、という人が多いので、いきおい、どちらかというと、現役卒業組や小学生とその親、というのが参加メンバーの中心になるのはしょうがない。
 それにしても、と思う。
 やはり人口構成は確実に上がっているのである。

 そんな中にあって、小学生の短距離走や幼稚園児のかけっこなどは、見ている方の気持ちまで躍動する。
 ああ、子どもは国の宝だ、としみじみ感じる。

 さて私は、体育委員に命ぜられるまま4つの競技に参加した。
21年10月4日地区運動会
(これは私の参加した競技ではありませんが・・・)

 概ね適度な運動だったのだが、最後に出た綱引きが大変だった。
 なんと、4つのチームを相手にして、各チームがみんな4回ずつ綱を引かねばならない。
 さすがにぐったり疲れた。
 もっとも、そこでみんなと一緒に頑張ったおかげで、後ろから猛追してきた「青チーム」を振り切り、我らが「黄色チーム」は見事、優勝を飾ることができた。
 勝つ、っていうのはやっぱりうれしいもんだ。
 ビールの味も最高である。
 終わってから町内の公民館で慰労会。
 沢山飲んで、見事二日酔い。

 大変な一日半(今日の午前中まで)であったが、少し地域に入り込むことができたのではないかと自分をほめてやりたい。

画家になった担任の先生の話

 小学校3年生の時、一年間だけ、氷見市の窪という小学校に通った。
 その時の担任の先生はU先生であった。

 そのU先生とは、窪小学校から転校した後も、年賀状のやりとりだけはさせていただいた。
 ありがたいことだ。

 さて、そのU先生から先日個展を開くという案内状をいただいた。
 場所は高岡で、今日10月3日(土)が最終日で、その日は先生もいらっしゃるという。
 確か、大学の1年生の頃に一度お宅に伺ったのが、お目にかかった最後だから、もう30年ぶりになる。

 で、ともかく高岡に行った。
 お会いできた。
 もう70歳になられるというが、全然そんなふうには見えない。
 私も先生のお年は知らなかったので、ビックリ。

 このU先生には、大変感謝していることがある。
 学校の給食が味なく(おいしくなくて)、何度か残したことがある。
 そういうときは、必ず全部食べるまで居残りをさせられ、一番ひどいときは、掃除も終わってみんな帰ってしまい、夕日が落ちる頃まで一人で残っていたこともある。
 しかしそのおかげで、それ以降は多少味が薄かろうが、濃かろうが、全然おかまいなしで食べられるようになったし、好き嫌いは一切なくなった。
 母もそういうところがあったが、他人の厳しさというのはまた格別身に沁みる。
 感謝に耐えない。

 たった一年だけのおつきあいだったが、いまだに私の先生である。
 「思いは必ず実現するのよ」「だからね、勉強勉強と言うよりも、人間、いかに夢を持って生きていくか、なのよ」と勇気づけられた。(不思議と、そうだそうだ!と確信できた)
 いまだに先生と生徒である。
 まだまだお元気で、氷見の画家として活躍していただきたい。

 帰路、関野神社の大黒様(オオアナムチのミコト)にお参りした。
関野神社大黒天

今はビールが一番うまい時期ではないだろうか

 今日あたり、富山県地方は大変よく晴れたいい天気の一日だった。
 適度に喉も渇き、帰宅して風呂から上がると、今日こそはアルコールを空けるぞ、と思っていたのも束の間、妻から「この間新潟のカーブドッチで買ってきた地ビール、賞味期限があと何日かしかないよ」の一言で、もろくも崩れ去ってしまう。
 しかも乾いた喉にすーっと流れ込んでいく感じだ。
 もしかすると、今頃がビールの一番うまい時期なのかも知れない。

 ところで、先月、このブログのアクセス数が一ヶ月で500件を初めて超えた。
 一ヶ月で500件というと、端から見れば、全然少ない件数なのだろうけど、ずっと400件前後を推移してきた立場からすると、一歩前進(なんのこっちゃ?)という感じで、嬉しい。
 読者の皆様、書きなぐっているだけの駄文ですが、読んでいただいてありがとうございます。
 そのうち、本になったら書店で買ってまた読んで下さいね。

 などと戯言を言っていてもしょうがない。
 あした一日頑張れば、また休日。
 土曜は高岡へ小学校3年生の時の恩師の絵の個展を見に行く。
 私が給食のスープがまずいと言って残そうとしたら、全部食べるまで帰ってはいけないと、放課後まで残して食べさせられた、そのおかげで小学校6年生くらいには、どんな味気の無い給食でも食べることができる、クラスで唯一の人間になることができた。
 とても感謝している。
 私にとっては、後天的な強みを作ってくれた、かけがえのない恩師の一人である。

 そして日曜は地区の運動会。
 昨年に続き、今年も参加できそうだ。
 少しずつ、地域でも顔を売っていかなくては。
 そして、夜は打ち上げのビール・・・・楽しみだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。