中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05/30のツイートまとめ

kazuto_nakajin

@cossyhall こちらこそ、お疲れのところ、重い荷物を持たせてしまって、ご厄介かけました。
05-30 15:35

妻が今日二軒目のパン屋。一体いつ食べるんだろう。
05-30 15:31

富山市石倉町の延命地蔵さんで水汲んでます。
05-30 13:15

スポンサーサイト

充実の休日

 いい一日だった。
 久しぶりに妻と休みが合い、しかも次男坊の演劇の発表の日でもあった。

 朝は仕事関係を少しやって、妻と外出。
 出かける直前に、長男のなくした定期券が見つかったとJRから電話。
 さすが富山県。
 人の落し物を盗るのではなく、ちゃんと届けてくれる。
 ありがたいことだ。

 滑川のマーチというペットショップでセキセイインコの餌を購入。
 近くの「マルミット・アンサン」というダイニング・バーで昼食。

 富山へ行き、石倉町の延命地蔵尊で水を汲んだ。
 4年前から聞いていたが、今日ようやく初めてそういう時間ができ、出向いた。
 なかなかいい。
 由緒も素晴らしい。
 水はおいしい。
 ゆるゆると喉をうるおしてくれる。
 後で妻や母にも飲ませたが、おいしいと言っていた。
 妻など、二杯も飲んだ。(酒じゃないって!)

 BIZねっとの仲間のK氏の自宅へ行った。
 BIZねっとで作った最初の本『学びの考動力』が彼の家に届いたので、自分の割り当て分を受け取った。
 
 それから大和。
 探していたシステム手帳用のリフィルはなかったが、なんとなくぼやっと時間を過ごした。
 珍しく本は一冊も買わなかった。
 そういう日もあっていい。
 総曲輪通りと中央通りを歩いた。

 そして富山駅横のマリエ。
 富山県民小劇場「オルビス」で富山第一高校演劇部の自主講演が行われている。
 同じテーマで3回講演。
 我々が行ったのはその3回目。
 うちの次男がドラキュラの役をやる。
 高校生の演劇部のドラキュラだから、多少おちゃらけかな?と思っていたがさにあらず。
 大変シリアスな物語で、家族愛、環境問題、など色々なテーマが内包されていた。
 面白かった。
 わが子が大変多くのセリフを覚えていたのにも驚いた。
 実質10日ほどの練習時間しかなかったのだが、よくやっている。たいしたもんだ。

 気持ちの癒しになった。
 いい一日だった。

05/29のツイートまとめ

kazuto_nakajin

ヤマダ電機に行ってきたが、iPadはなかった。アップルストアじゃなきゃ、売ってないのかなあ。魚津だし・・・。
05-29 23:23

父の入院している病院で運動会をやっていた。職員の皆さん、大変真剣にやっておられた。父にとってもいい刺激になったのでは。
05-29 14:50

魚津の「はじめ家」でラーメン。久しぶりに行ってきた。うまかった。
05-29 12:52

頭がかゆい。
05-29 10:23

いよいよ来週6月5日(土曜日)、午後1時、富山商工会議所9Fで、とやまキトキトBIZねっとの記念セミナー開催!!テーマは「激動の時代を生き抜く学び力」です。乞うご期待!
05-29 00:11

明日は(あ、もう今日か)iPadを見に行くぞ。(買わないけど)
05-29 00:09

アーシクセイダー撃退?

 今の会社に移った時に、記念に靴を買った。
 冬場を除いて、その靴を一日中履いている。

 さすがに最近「アーシクセイダー(足くさい)」状態がひどくなってきた。

 困り果てていたところへ、妻が新しい靴を買ってきてくれた。
 中敷も新しいものを入れた。

 初日。
 帰ってきて靴下のにおいをかいでみたが、全くにおわない。
(ヘンタイだと思わないで下さい。気にしているので・・・)

 今日は3日目になる。
 少しにおいがした。
 いやだなあと思い、風呂で一生懸命に足の指の間を洗った。

 幸い明日は会社に行かなくていい(家で仕事少しやるが)ので、足のにおいがこもることはない。
 指の間を十分に解放し、アーシクセイダーからおさらばせねば。

異業種交流会のセミナーまであと1週間

 「とやまキトキトBIZねっと」という名の勉強会&異業種交流会に参加している。
 毎月第二土曜日に開催し、普通の大人が講師をやってお互いに学びあって、その後飲みあっている。
 そうやってかれこれ2年半が経過した。
 リーダーが意欲的な人物だ。
 単に座学をやるだけではマンネリ化していけない、ということで、昨年の1月に大き目のセミナーをやった。
 1月では寒かろう、ということで、今年は6月にした。

 いよいよ、その6月5日に第2回の記念セミナーを開催する。
 入場は3千円。
 富山商工会議所で行う。
 あと1週間に迫った。

 私も役割をいただいている。
 第2部<パネルディスカッション>の進行を仰せつかっている。
 わくわくしている。
 やったことがない経験だからである。
 普通ならプロの司会者などにお願いするのが筋かも知れないが、なにぶん自己啓発の一環としてやっている勉強会の延長なので、特段予算があるわけでもなく、私のような素人が進行係りをするしかない。
 という次第で、パネラーの方々からうまく話を引き出せるか、話と話をつなげることができるか、ご来場者の皆様に「聞いて良かった」と思っていただけるか、の3点がポイントだと思う。
 何か一つでも「聞いて良かった」と思っていただけることがあれば成功だと思っている。
 その点、パネラーの方々は(この人たちも普通のビジネスパーソンなのだが)、それぞれきっちり勉強してこられた方々なので、いい話が聞けるのではないかと思う。
 問題はその「いい話」を引き出すことができるかどうか、の私のトークにかかっているような気がする。

 なあんて、自分を追い込むつもりは毛頭ない。
 私自身が3人のパネラーの方々からいい情報を聞き出すことを主眼に置いて、私自身が楽しもうと思っている。
 これが本音。
 自分が楽しまなくて会場の皆さんが楽しいはずがない。

 というわけで、先ほど事前の最終打合せを富山商工会議所で行ってきた。
 いやがうえにもモチベーションは高まってくる。

 以上をお読みになって興味のある方は下記にアクセス下さい。
(参加申し込みの要領も下記にて)
http://kitokito.livedoor.biz/

05/27のツイートまとめ

kazuto_nakajin

ブログの画面を久しぶりに開いたら「Twitterと連携できるよ」というような表示があった。とりあえず「つぶやき」の内容がブログに反映するようにした。便利な世の中になったものだ。とは思うが、それでいいのだろうか。
05-27 23:30

孫さんがNTTを買う?

 Twitterを見ていたら、ソフトバンクの孫正義氏がNTTを買うのではないかというような「つぶやき」があった。
 あの人なら買うかも知れないなと思った。
 最近、光インフラを分離せよ、との論調が出ている。

 NTTから光インフラを取ったら、何が残るだろうか。
 光インフラはNTTの寄る辺である。
 ラストリゾートという言い方もなされているくらいの重要な経営資源である。
 それを取ってしまうと、もはや何も残らない。

 その光インフラを分離せよ、というのが最近のニューコモンキャリアーの主張である。
 その意図は、つまり日本の国から通信インフラを取り上げてしまおうということなのかも知れない。
 誰が?
 誰かはわからない。

 が、その尖兵が孫さんかも知れない。
 そんな陰謀ものではなく、純然としたビジネスゲームとしての取組かも知れない。
 しかし孫さんがNTTの「使える」インフラを買おうとすることは十分ありうる。

 だけど、投資家に日本の最重要インフラを渡してちゃんとした保全ができるだろうか。
 NTT社員の特質は、国のために自分の何かを多少犠牲にしてもいい、というノブレスオブリッジがあることでである。
 ソフトバンクの社員にそういう気概があるだろうか。
 お金儲けをしたい、という動機はあるだろう。
 ビジネスマンならそれが普通だ。
 しかし、旧3公社の人々は、国のために何かをしている、という意識が根底に流れている。
 NTTはその最たるもので、いまだにそういう気持ちを持っている。
 それがNTT社員のDNAだ。
 そういう気持ちで孫さんやその周辺の人々が仕事に取り組めるだろうか
 私は疑問だ。

 北尾さんとかも中国の古典だとか、安岡正篤とかについての本を色々書いておられる。
 人物なのだろう、と思う。
 だけど、投資家だ。
 自己犠牲の気持ちの下、利益より公益だという意識の下、仕事をしている十数万の人たちの気持ちが、本当は日本の通信インフラを支えている、ということを肩代わりできるのだろうか。
 私は疑問だ。

 彼らがもしNTTを買ったら、うまみのあるところだけを残して、大多数の既存のネットワークやそれを支えている多くの既存の社員は捨て去られるだろう。
 投資家というのはそういうものではなかろうか。
 早晩、日本の通信インフラは崩壊するという気がする。
 考えすぎだろうか・・・。

ようやくITCの会に参加した

 ITC富山というNPO法人がある。
 4年前に富山に帰省して以来、気になっていた。
 私がITコーディネータの資格を取ったのが8年前。
 その後、ITCのスキルを使う場面が全くなく、今日に至ってしまった。
 使えねえ資格だなあ、と思いつつ、なんとか維持だけはしてきた。

 今日、上記富山の法人の総会があり、伝を頼って会に参加させていただいた。
 ソフトウェアの会社の方、独立しているコンサルタント、システム構築をする
 会社の方、ベンダー、通信会社などなど、色々な人がいるようだ。

 なんと言っても、会長がとても明るい人で、みんなを引っ張って行っている
 感じがよくわかった。

 経営者の思いと情報システムというわけのわかりにくい世界を橋渡しする仕事。
 大変大事なのだが、まだぜんぜんマイナーな存在だ。
 私も少しこれから汗をかいて、ITCの持っている力を富山の企業のために
 役立て、マイナーな存在をなくてはならないメジャーな存在に持って行きたい
 と思っている。(仕事上、すぐには難しいけれど)

 経済産業省の皆さん、せっかく作って7000人もいるITCという資格者を
 もっともっと活躍させる場を作って下さいな!

21年ぶりにコンタクトレンズ装着

 なんとか裸眼で世の中が見えるようになりたい。
 と思っていた。
 レーシック手術を受けようとしたが、老眼が入っているからNGと言われた。
 それが2年前。

 最近老眼もひっくるめて治す手術があるようだが、金額がバカにならない。

 昨年12月末から人事異動でペーパーワークになった。
 朝から晩まで机にしがみついて書類との戦い。
 近視に加えて老眼なものだから、メガネをずらしたりかけたり、で大変せわしない。

 ふと、コンタクトにすりゃいいじゃないか、との声が聞こえてきた。
 最近は使い捨てという便利なものもある。

 ということで、今日富山駅前の眼科併設の某コンタクト店に行ってきた。所要時間全部で二時間。料金は診察代金も入れ、全部で三千円弱。

 結局お試し版のコンタクトを一組ただでもらった。
 とりあえずこれを2週間程度つける。
 気に入れば次の分からは購入となる。

 世界が少し変わったような気がする。
 管理が大変だ。
 でも、ま、とりあえずやってみるか。

 それにしても、一通りの手続きが終わり、つけたりはずしたりするやり方を教えてくれた「研修生」なる名札をつけた女性がやたらに可愛かった。
 次原かなという人がいるが、その人に似た、大変魅惑的な人だった。
 指導を受けている間、ずっと見惚れていた。

 「以上で・・・の説明は終わりなのですが、ここまででわからないことはありましたか?」
 へっ????
 何の説明をしていたのか、顔ばかり見ていて頭の中が真っ白。
 とりあえず「ありません」と答えて次の説明。

 またじっと「かな」ちゃんの顔。
 「これで・・・の説明は終わりですが、ここまでよろしいでしょうか?」
 へっ???

 の繰り返しだった。
 このままずっと説明を聞いていたかったが、そうはいかない。
 「かな」ちゃんは既に次のお客さんに説明を始めている。
 泣く泣く次のスケジュールに私も移動したのであった。

 いかんいかん。

診断士の先輩の話

 いずれは独立して経営コンサルタントとして頑張りたいと思っている。
 企業の経営支援、自治体の支援、愛する富山県の支援・・・と夢はふくらむ。

 今日、偶然診断士の先輩にお会いした。
 これは一つのセレンディピティである。
 会いたい会いたいと思っていたからである。
 すかさずこちらから声をかけた。

 1年半ほど前に独立されたのだが、結構仕事はあるようだ。
 それも公的な仕事らしい。
 良いことだ。
 同じ魚津の人なので、私が独立した暁には競合になるのかも知れないが、たぶん分野が違うので、むしろ協力していく間柄になるように思う。

 彼がT型人間を目指さなければ、と言っていた。
 日本生産性本部の研修を受けて、そういう思いを強く持ったようだ。

 さて自分には深堀する縦の線があるだろうか。
 IT・・・う~ん、パソコンや情報ツールはある程度つかいこなしているつもりだが、専門スキルといえるほどのものがあるかと言われると厳しいように思う。
 財務・・・これはもう少し頑張っていればある程度モノになりそう。
 コミュニケーション・・・資格があるわけではないが、この分野は多少知識もノウハウも持っているつもりだ。

 その先輩は、生産管理、生産工程の改善、原価管理などが自分の縦の強みだとおっしゃっていた。
 私もそういう縦の深堀をしっかりやっていかなければならない。
 もちろん、同時に横の幅の広さも勉強する必要がある。
 やることはたくさんある。
 楽しまなければ!!

クラウドコンピューティング!!

 角川書店の角川歴彦氏が『クラウド時代とクール革命』という本を書かれた。



 20世紀末からのIT化のダイナミックな動きを概観し、この先の予測や今起きている動きなどもレポートされた大変面白い本だった。
 その中でもクラウドコンピューティングについては詳しく書かれている。

 我が「ニッキン」などという金融業界向けの新聞などにも出ている、このクラウドコンピューティングという言葉。
 NTTは10年以上前から「ユビキタスコンピューティング」という概念を提唱してきた。
 最近はASPだとかSaaSなどというキーワードもある。

 コロコロコロコロと、色んな言葉がコンピュータの周囲を賑わしているが、一体何やねん?ということだが、そろそろ、この「クラウド」という言葉に収斂されつつあるようなので、自分なりに少し勉強して会社のミーティングで紹介した。
 以下はその内容抜粋。(前掲書からの抜粋ではありません)

 Cloud computing(クラウドコンピューティング)とは、インターネットで接続された外部(cloud=雲の中)のITシステムを用いること。コンセントから電気が供給されたり、水道の蛇口をひねれば水を使うことができるように、インターネットに接続するとアプリケーションソフトやファイルサーバーなどのサービスが提供されるというもの。

 つまり、パソコンは只の「電気箱」で、インターネットにつなぐことで、たとえばエクセルの最新バージョンや、弥生会計などのソフトの最新バージョンが利用でき、データもインターネット上のサーバに保管され、いつでもどこからでも取り出せ、更新していける、というものだ。
(米Google エリック・シュミットCEOによる2006 年8月の発言から生まれた概念)

 自前でシステムを持たなくて良いので、使えるまでの時間が短くて済み、価格は安く規模も自由に変えられる。

 ただし、他人にシステムを委ねているため、信頼性に関する懸念、システム障害のリスクなど色々な不安要素はある。また、ITが全くわからない人にとっては相変わらず敷居が高い。

 将来性としては、多くの情報システムがクラウドに乗り換えていくと予想されている。
 ①情報処理推進機構「クラウドコンピューティング社会の基盤に関する研究会報告」(2010年3月)より
  サービス導入企業の割合:大企業で8%、中小・中堅企業で10%
  クラウドコンピュータが今後進んでいくだろうと見ている企業は50%以上
 ②IDC Japan「国内クラウド・サービス市場領域に関するレポート」(2010年04月12日)より
  市場は2009~2014年に年間平均成長率35.6%で急拡大し4.6倍の規模に
  2009年の市場規模312億円が、2014年には1,432億円に達する
  利用目的は「既存システムのコスト削減」

 このサービスを実際に利用しようとすると、たとえば、経済産業省が提供している「J-SaaS」というインターネット上のサービスがある。http://www.j-saas.jp/
 月3000円そこそこで利用できるものもある。
 試してみてうまくいかなければやめればいい。
 そんなこともできるのがクラウドの魅力かも知れない。

 是非中小企業の皆様に利用していただきたいものだ。
 しかし最低パソコンが使えるというレベルは必要だろうなあ。

健康が何より大事。血圧測定結果。

 2年前の健康診断。
 血圧測定をしたら、上が147の下が100。
 問診に当たった医師から「いつ動脈硬化になってもおかしくない状態だよ」と言われ、愕然とした。

 父も高血圧だったので、遺伝はしょうがない。
 しかしまだまだ人生を楽しみたい。
 ここで死ぬのは早すぎる。
 でも毎日4時間から5時間程度の睡眠で休日もろくに休めない現状ではどうしようもない。

 あれから2年。
 自ら勤め先を変わり、睡眠時間を6時間確保し、運動量を増やし、アルコール摂取量を少し減らした。
 そういう生活を続けてきた。
 血圧を時々計っては、多少なりとも改善されないか、意識してきた。
 「上」はわりと落ち着いてきたが、「下」がなかなか下がらない。
 運動量だ。
 と思い、今年の年明け以降はルームランナーで週1回のペースで走ってきた。

 効果があったのかも知れない。
 今日の健康診断では、上が135、下が89。
 ようやく90を切った。
 ゴルフじゃないんだから、そういう言い方は変かも知れないが。

 やはり自分の時間の確保が全てのスタートだ。
 おかげで睡眠時間も増えたし、運動する時間もできた。
 健康が徐々に回復してきた。
 実感を持って(数字の根拠を持って)言えるようになってきた。

 自分の人生を選ぶのは私。
 である。
 元気で長生き、100歳まで生きなきゃ。

福岡政行氏の話「2012年問題」

 日本の国をどうするか、という点では、本当に色々問題があるようだ。
 平成22年から24年までの3年間で、団塊の世代660万人が、一気に高齢者としてデビューする(社会の第一線から引退する)そうだ。
 前いた通信会社でも、今お世話になっている金融機関でも、確かに同様の話をしている。
 企業での問題は高齢者、というより、大量退職⇒ノウハウの喪失&退職金や年金負担の増大、といったようなことで、この中でも金で解決できないノウハウの喪失という問題は大きい。

 既に何年も前からNHKのテレビなどで、技能承継をどうするか、色々な企業の取組や工夫を報道してきた。
 しかし、巨大なエネルギーが産業を支えている第一線から失われることは間違いない。
 そしてその後に残るのは、既存の少数の正社員と、身分保障が十分にはされていないパート社員や派遣労働者。
 そしてようやく生まれてくる新生児は3年間でわずか313万人。

 これでは日本の国は立ち行かない。

 というのが2012年問題だという。

 高度成長期に一生懸命働いてきた60歳以上の方々に、今さら、なお「国を支えて下さい」とは言い難い。
 しかし、この人たちが自分たちの食や生活を確保していくためには、自ら、農などを楽しみながらやっていってもらうような選択肢も必要かも知れない。
 それを、果たして「選択肢」という言い方をしてもいいものかどうか。

 この国を10年後、20年後どのような国の仕組み、経済構造、人口構造にしていくか、ということをそろそろ国民的な議論としてやっていかなければならないのではないか。
 あまり目先のなんとかかんとかいうようなことにこだわり、足の引っ張りあいをしている場合ではないのではないか。
 公務員が国民の20%、彼らの給料を下げなければ国の財政が破綻する、ということで給料引き下げの議論をしたら彼らがストライキを起こして全世界が「アホちゃうか」と思ってしまっているヨーロッパの国の二の舞にならないようにしなくてはならない。
 制度改正によって泣きを見る人をセイフティネットでちゃんと救済できる仕組みを作りつつ、全国民が冷静な対応をしなくてはならない。

 と、今日の「森のゆめ市民大学」の福岡政行氏の話を聞いて思った。

第9回森のゆめ市民大学開講

 友人の会社が特別賛助企業として名を連ねる「森のゆめ市民大学」
 9年前、筑紫哲也氏を学長、福岡政行氏らが副学長として、彼らが、大分県の日田市でやっていた日田自由が森大学というのを模して、魚津でも是非やって欲しいと、有志が依頼して始められたものらしい。
 筑紫哲也氏や既に亡くなったが、その志を継いで、福岡氏や稲本正氏らが継続してやってくれている。

 その友人のおかげで昨年から聴講させてもらっている。
 今日は今年度(第9回)の開講式。
 そして基調講演は俳優の菅原文太さんである。

 文太さんがなぜ農業をやり始めたのか、ということにいたく興味があった。

 私が文太さんの話、心をちゃんと理解できたかどうかはわからないが、つまり、以下のようなことをおっしゃりたかったのではないかと思う。

 子供たちをめぐる環境として、今の日本はあまりに文明化しすぎており、人としての暖かさを身につけにくい状態になってしまっている。
 だから平気で人を殺したり、自分の命を絶ったりする子供たちが後を絶たないのではないか。
 そんな日本をなんとかしようとすると、土であり、農であり、ということではないか。

 高邁な理想論ではなく、地に足をつけた実践であり、やっぱ農だよな、と思った。
 しかし現実には日本の農業はほとんどが農薬漬けであり、人間の体にいい無農薬をやっている農家は全体の0.16%しかいないという。
 文太さんもその一人なのだろうが、大きな既存の仕組みを前にすると、ほとんどの人は無力なのかも知れない。
 そういう意味では、福岡県の大野城市では、遊休地などを市民農園として一般市民農家に使わせ、出来あがりの半分は自分の取り分、残り半分は給食用など、市で使うような仕組みをとっているらしい。(無農薬だったかな?)
 いずれは私も農業を、とずっと以前から思っており、その気持ちは変わっていない。(農業を軽く考えるな!とお叱りを頂戴するであろうけど)

森のゆめ市民大学20100516
(左から、稲本正氏、菅原文太さん、福岡政行氏)

 この後の「森のゆめ市民大学」の予定は以下のとおり。

  6月12日(土) 山崎裕次さん
  7月 3日(土) 木村秋則さん
  8月28日(土) 佐藤初女さん
 10月10日(日) 真野響子さん
 11月12日(金) 大工哲弘さん、古謝美佐子さん、佐原一哉さん

 興味のある方は、http://www.nice-tv.jp/~shimin/をご参照下さい。

 それにしても・・・菅原文太さんが父と同い年だというのには驚いた。
 76歳であの元気、気迫、覇気。

遂にTwitterデビュー!

 Twitterが大流行で、企業のマーケティングなどでも使われている。
 鳩山首相、孫正義氏、勝間和代氏など、有名人も次々と参加している。
 友人知人も何人かがやり始めている。
 ということで、ITコーディネータの私がITの最新技術を知りもしないでいるのもどうかと思い、昨夜、悪戦苦闘しながら遂にTwitterの世界に足を踏み入れた。

 英語版のホームページだったため、わけがわからず、途中で登録内容を全部抹消しようかと思ったくらいだったが、何かの拍子で「言語」を選択する画面に行き当たり、当然日本語を選択し、そこからは比較的スムーズに作業が進んだ。
 見ると、上記の人々の他、ビル・ゲイツやらオバマ大統領やら、楽天の三木谷社長やら各界で活躍している有名人が他にも大勢やっていることがわかり、とりあえずフォローすることにした。

 さらに、今日は友人の何人かと会い、彼らもTwitterに参加していることがわかり、合わせてフォローさせていただいた。ともかく、何人かの人とつながることがまずは必要なのだろう。

 思えば、Second Lifeというインターネット上の仮想空間も一時期騒がれたし、今もそれなりに人口(参加者)も抱え、その上で商売している人々もいるのだろうが、あれは結構面倒である。
 3Dテレビなどの技術との合わせ技で、もう少し進化して使い勝手の良いものが出てくるのだろうが、今は手軽さ、スピードがもてはやされる時代である。
 となると、このTwitterなのかも知れない。

 しかしiPhoneで公衆モードでやりだすと、たぶん相当通信費がかさむだろうなあ。
 ということで、当面は登録オンリーメンバー(TOM)になるのかも知れないが、とにかくまず一歩、参加はしたぞ、と。(だいたい、日中は携帯電話も手元にないので、やる時間もないからなあ・・・)

ちょっと寒いが・・・

 全国的に寒冷になっているようだ。
 GWは暑くて暑くてっていう感じだったくらいだが・・・。
 気圧配置が西高東低になっており、寒気が入ってきているらしい。
 ま、いろいろあるさと思う。

 風邪をひかないように、元気で行こう。

BIZねっと記念セミナーの事前打合せ

 6月5日(土)は私が参加している「とやまキトキトBIZねっと」の記念セミナーが行われる。
 今年も「第1部基調講演」と「第2部パネルディスカッション」、講演会後の懇親会という構成だ。

 今年のテーマは「ビジネスパーソンの学び」について。

 私は第2部のパネルディスカッションの進行係をやらせていただく。
 公開の場での司会進行役など、やったこともないが、なんとかなるだろうと思っている。
 とは言え、いきなり当日、あまり突っ込んだ会話もしたことのない人から話を聞きだすのは容易ではないだろう。
 どんな考え方や背景を持っている人かを知らなくては、世間話ぐらいしかできないのが関の山。
 パネラーから本音や深い話を引き出せないでは、ご来場者に対しても失礼だ。

 ということで、事前にパネラーの方々からお話を伺う機会を作っていただいた。

 男性が一人、女性が二人である。
 皆さん普通の人・・・だと思っていたのだが、聞けば聞くほど奥深いものがある。
 単に勉強法の工夫とか、知的生産のノウハウ、なんて技法的なことを披露してもらえばいいかな、ぐらいに思っていたが、とてもとても。
 ノウハウではない。
 その人その人の生き方そのものに行き当たってしまう。
 しかも、自分で選択しただけではなく、そういう選択を余儀なくされたところからスタートしている場合もある。
 谷底へ突き落とされたような窮境から、気持ちを切り替えて前に向かって進んだ。
 前に進むには勉強するしかない。
 それも並大抵の努力ではない。
 自分を鍛えて鍛えて鍛えぬくという感じだ。

 事前打合せというより、そういった凄絶な話を聞いて、圧倒されっぱなしだった。
 セミナー当日は、その辺の具体的な話を来場者にも聞いていただくことになるだろう。
 もちろん、不特定多数の方がお越しになるので、プライベートな部分には限界があるが、これらの方々の並大抵ではない学習への取組、その背景にある学習の目的や人生観など、引き出すことができればと思っている。

 とやまキトキトBIZねっと 2周年記念セミナーの詳細はこちら↓
 http://image01.wiki.livedoor.jp/k/z/kitokitobiz/5badddd775ce36b5.pdf

 請う、ご期待。

2010GWの計画と実績?

 今年のGWは好天に恵まれ、家にいて用事をしていても、昼寝をしていても気持ちのいい日々だった。
 GWの前夜、やりたいこと、やらなくてはならないこと、やっておいた方がいいことなどを、どんどん付箋紙に書き出し、A2ほどの大きさの紙に5日間の枠を作って、そこにペタペタ貼り付けた。
 これで連休のスケジュールの出来上がり、である。

2010GWの計画表

 さて実績はどうか。
 書き出して日付の下に貼ってはみたものの、日を追うに連れできなかったことが徐々に右の欄外にベタベタと押し出される。
 こうして見ると、中日の3日がスカスカである。
 この日は、元々仕事の諸準備をする予定だったが、朝寝坊はするわ、昼寝はするわで、やる気のなかったのが一発でわかる。
 とはいえ、休養も必要だ。
 前の二日間、掃除・整理整頓で結構疲れたし、しんきろうマラソン以降、疲れが取れなかったということもあるのだろう。
 休養のためのGWだ。
 と割り切る。

 昨日の4日は、私が参加している「とやまキトキトBIZねっと」の冊子作成に向けた打合せでほぼ一日。
 高岡の商工会議所の一角での作業だった。

 入院中の父の見舞いのため、3日と4日は代わりばんこに子供たちを病院へ連れて行った。
 3日に仕事の準備をしなかったため、今日は違うことに時間を充てる予定だったが、仕事dayに。
 朝から情報の整理をしたり、資料読みをしたり、思索&資料作成をしたりしている。

 明日からまた仕事だ。
 日々あせぐらしいことだらけで、ここのところ、ともすると自分の目標や何のために?ということを見失いがちだったが、目標を見据えて、ぶれずに、セルフコントロールを適切に行って、スキルアップに努めてまいろう。

 久しぶりに遠出などもせず、わりとゆっくりできた連休となった。
 そういう時間を持てるということは、ありがたいことだ。

大掃除大掃除

今年のゴールデン・ウィークは暦どおりの五連休。
妻と休みの合うのは一日だけ。それ以外にBIZねっとの冊子づくりの打ち合わせが一日。当然の如く仕事の準備に充てる日も必要。
ということで、残り二日間が、わりと自由が利き、色々なことができる日となる。
見回すまでもなく、自分の机周りは読みもしない書物で溢れかえっている。郵便物の整理もできていない。本も積み上がって足の踏み場もない。
そういうわけで、ゴールデン・ウィーク初日の今日は、とにかく部屋の混乱状態の元凶になっている雑誌と書類を中心に、掃除機ウィンウィン言わせながら片っ端から縛り上げた。丸一日大掃除の日となった。

おかげで少しスッキリしたが、まだ本の整理が残っている。
直接は関係ないが、いずれ父の部屋のガラクタ類も処分していかなければならない。納屋にある、昨年出した粗大ゴミも廃棄しなくてはならない。またニトンにお出まし願って、黒部の処理場までいかねばならない。

片付けはなかなか大変だ。
ま、休みをうまく利用して、楽しみながらやっていこう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。