中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーワールドカップの日本戦の結果について

 サッカーワルドカップ。
 決勝トーナメントに進んだ日本チーム。
 残念ながら、引き分け、延長、PK戦で3対5で敗れてしまった。
 ではあるが、試合結果を受けてインタビューを受けていた人々の反応が良かった。

 以前は、「何してんだ、バカヤロー!」とか「監督がだめだからどーのこーの」といったとにかく頭から非難するような声もあった。
 しかし今朝テレビで見た応援者のコメントは、ほぼ一様に「ありがとう」とか「勇気をもらった」とか「こんなにスポーツの試合を観て熱くなったことはなかった」など、肯定的なものばかりだった。
 まあ、時間が経てば、あのときのあの選手のあの行動が悪かった、とか、監督の采配がだめだったとかいったような批判も出てくるのかも知れないが、少なくとも、夜通しで応援していた国民のいくばくかの人々が、試合の結果や取組やプロセスを肯定的に捉え、監督や選手に感謝していたこの一瞬は間違いない事実だと思う。
 たとえ、マスコミがあえてそういうコメントだけを選んだのだとしても、そういうコメントがあったのは事実であり、そういうふうに考えると、我が国民も随分成熟したなあと思う。

 えらそうなことを言える立場ではないが、他人を批判するばかりが能ではない。
 と思いませんか。
 いっちょまえの顔をして評論家か何か知らないが、また、サッカーに詳しく、プロ並の力があるのかどうか知らないが、監督として選抜チームを率いた経験があるのか、そして数々の国際試合で勝ってきた実績があるのか知らないが(そんな人、どこにもおりまへん!)、したり顔して、あれが悪いこれがあかん、など、言えた義理か!と思うような好き勝手なコメントをするのが、今までの我が国民の慣性であったように思う。
 みんなで批判するのである。
 小室直樹氏は、それを「魔女裁判」と呼んでいた。
 そういう国民性(みんなで弱者をバッシングする習性)が、少し変わったのかな?と今回のワールドカップの結果を見て思った。

 であれば良いのだか。

スポンサーサイト

06/28のツイートまとめ

kazuto_nakajin

長男坊が20歳になった。どこからか、長男の国民年金の請求書が届いた。毎月1万5千100円も払わなくてはならない。働いてもいないのに。この国はどこかおかしいと思う。デンマークなど税金が高いが、学生は無料だという。
06-28 22:59

06/26のツイートまとめ

kazuto_nakajin

長男が通う富山国際大学の個別懇談会、後援会総会を経、懇親会にも参加。知らない人ばかりだったが、担当教授とは話をさせていただいた。
06-26 17:19

そう言えば、一昨日はものの見事に「引き寄せの法則」二件も実現。パワーの存在をより一層強く再認識できた。
06-26 12:19

一週間の疲労困憊と二日酔いからようやく立ち直り、一路富山へ。日経コンピュータをパラパラめくりながら。
06-26 12:13

変貌する富山駅の片鱗を見た

 普段JR富山駅を利用しているが、人ごみの中をただひたすら前を向いて歩いているため、外の景色など見たことがない。
 帰りは帰りで夜なので、外など見ても何も見えないし、そもそも見ている余裕もなくホームに向かって、やはりひたすら歩くだけである。

 今日は夕方5時頃、とくにせくわけでもなく、ゆるゆると歩いていたら、ふと外が見えたので、窓から写真を撮ってみた。
 元々何があったところかよくわからないが(たぶん線路だった場所だろうけど)、すっかり更地になって今まさに新しい何かが建設されようとしている、といった雰囲気がある。

JR富山駅20100626

 新幹線の開通まであと4年。
 いいのか悪いのかわからないが、富山にも新幹線がやってくる。
 その息吹を少し感じた。

 頑張れJR!
 頑張れニッポン!
 頑張ろう、富山!!

06/24のツイートまとめ

kazuto_nakajin

うちの子どもたちが風呂でアイスを食べているのをうらやましく思っていた。今日、自分も実行した。九州名物「しろくま」を風呂に浸かりながら堪能した。うまかった。
06-24 23:30

陽明学の言葉より

王陽明、四十代後半の言葉。
山中の賊を破るは易く、心中の賊を破るは難し。

06/20のツイートまとめ

kazuto_nakajin

納屋に放置してきた粗大ゴミのとりまとめ。
06-20 09:22

06/19のツイートまとめ

kazuto_nakajin

ヤン・ファーブルの「私自身が空(から)になる」という作品は衝撃的だった。絵に自分の鼻をぶち当てて、今も鼻血が滴り落ちているのである。なんじゃこりゃ?と思った。
06-19 19:54

妻が金沢21世紀美術館の中のグッズ販売コーナーで何かを見て「ヤン・ファーブルって、ファーブル昆虫記から来ているんだね」と言っていた。検証はしていない。しかし1958年生まれのヤン・ファーブルがファーブル昆虫記と関係あるとはちょっと思いにくい。
06-19 19:52

ヤン・ファーブルの玉虫の造形?にはギョッとした。
06-19 14:11

津幡のぶどうの木で、ぶどうジュース。
06-19 14:09

金沢21世紀美術館。晩年ねT師がこよなく愛した所。
06-19 12:20

第七ギョーザは第7ギョーザの誤り。店主さん、失礼しました。
06-19 12:17

第七ギョーザ、既に満席。待ち人十人以上。
06-19 11:33

当然の如く第七ギョーザの店に来ています。ちょっと早い昼食。この時間なら待たずに食べられる。
06-19 11:14

ちなみに妻と一緒。
06-19 10:49

金沢ナウ。ジャスコ杜の里店。
06-19 10:48

06/18のツイートまとめ

kazuto_nakajin

久しぶりに前の会社のXさんと飲んだ。仕事は超ビジーだったが、ベトナム話など伺って思いっきり発散できた。感謝感謝。
06-18 23:18

06/14のツイートまとめ

kazuto_nakajin

今、初めてこのRTに気付きました。遅くなって申し訳ありません。良ければ、今度ご案内します。
06-14 23:53

のぼせ上がり

 最近、続けて「年齢より若く見える」と言われた。
 それも30代に見える、的な言い方だった。

 これでも48歳なのだが、アホということか・・・。
 アホということかも知れないが、老けて見える、とか疲れてる感じだね、と言われるよりはまし。

 それにしても30代に見られたというのは、本心ではないにせよ、とってもうれしい。
 有頂天になりそうなくらいうれしい。

 気持ちは30代です、って返答しながら、実際は中3の頃から一つも進歩していない自分がいる。
 これでは、若い、というより、成長していないだけじゃん!と思う。
 実際そうだ。
 14歳の中3のときと気持ちはなんにも変わっちゃいない。
 多少世間ずれした分だけ、たとえば感情をむき出しにしないとか、ちょっと控えて人と接するとか、大人の行動めいたものが少しは身についているが、ちょっと油断するとすぐに子どものままの私が姿を現す。

 と同時に、何事も新鮮に、新しいものが好き、など好奇心の固まりのような私がいる。
 人間、11ヶ月で全ての細胞が生まれ変わるらしい。
 とするなら、去年の6月の私と今の私は別人である。
 伝承はしているだろうけど、同じ人物ではない。
 常に新しくなっているのだから、新しいもの、新鮮なものを追い求めたっていいだろう。

 そんなわけで、若く見られてうれしかったよ、というお話。
(こういうのを、のぼせ上がりとも言う)

06/12のツイートまとめ

kazuto_nakajin

book offでは本を三冊購入。そのあと普通の書店にも行ったが、珍しく何も買わず。後は三笑楽を飲んで、今日は寝るだけ、かな。
06-12 19:08

魚津のbook offナウ。お客さんがいっぱい。
06-12 17:45

3Dテレビの見学の後は買い物の予定を少し変更して高岡で友人とお茶。予定は変わったが、むしろ有意義だった。
06-12 16:52

凄いものを見た。裸眼で見られる3Dテレビだ。サッカーボールが飛び出してきた。
06-12 15:00

通りがかりの酒屋の看板に惹かれて思わず三笑楽と勝駒を買ってしまった(ともに日本酒)。高岡市清水町のナカヤスという酒屋さんだ。
06-12 13:10

さあ次は世にも珍しいものを見に行く。大人の社会見学だ。
06-12 12:38

つる家の天ぷらうどん、うまかった。ここは、ホントはそばがメインだと思う。次回は天ぷらそばにしよう。そば湯もいい。 http://photozou.jp/photo/show/558655/40484031
06-12 12:37

つる家の天ぷらうどん、昔は金粉がふりかけてあったものだが・・・。あった!辛うじてつゆの中に一つ。
06-12 12:25

高岡での昼御飯。十軒房のラーメンにしようか、吉宗のカレーうどんにしようか、迷ったが、結局シンプルに行こうと思い、つる家にした。
06-12 12:20

午前中は家の用事、友人へ郵便物の発送、父の見舞い。移動して今は高岡。駅南のつる家というそばやさん。ここの天ぷらうどんがうまい。
06-12 12:13

つづきを表示

裸眼で見られる3Dテレビってすごい!

 高岡のある会社。
 裸眼で見ることのできる3Dテレビを開発している、という話をITコーディネータのOさんという方から聞き、案内してもらった。
 テレビ自体は日本の家電メーカーが作っている普通のディスプレイ。
 その表面に、左右の目へずらして映像を送れるように、格子の入ったシートが貼り付けてある。
 大手印刷会社の作ったシートだ。

 映像が始まった。
 サッカーボールがいきなり飛び出してきた。
 もちろん3D専用のメガネはかけていない。
 普通に離れて見ていて、ボールが飛び出してくるのである。

 これはすごいことだ。
 普通に街を歩いていて、映像が飛び出してきたら、きっと立ち止まって見入ってしまうと思う。
 戦後、街頭テレビが出てきて、力道山のプロレス中継に人だかりができた。
 銭湯がその時間、ガラガラになった。
 という話がある。
 みんな、街頭テレビでヒーローの活躍ぶりを見るために、色んな用事を済ませて集まった。

 この「裸眼で見られる3Dテレビ」にはそんな力があると思う。
 もちろん、銭湯を済ませて、電器店の店先に集まるほどのことはないだろうけど、少なくとも、街行く人の足を止めるだけのインパクトはあると思う。

 ニューメディアは、いつの世もエロとセットで爆発的な発展を遂げる。(外国の場合はどうか知らないが)
 VHSしかり、インターネットしかり、DVDしかり・・・もしかするとパソコンというハードもそうなのかも。
 裸眼3Dで女性が出てきたら、それこそバーチャルセッ・・になってしまう。
 30年前に読んだ筒井康孝のSF小説の世界だ。
 恐らく、十分ビジネスレベルでも成長は見込めると思うが、ビジネスホテルなどにこれが導入され、ソフトも色々なものが出てきたときが飛躍的に発展するときだろう。

 ハードについては、既に東芝など大手メーカーが開発しているようであるし、撮影するカメラなども既に市場に出ているようだが、コンテンツを制作する能力や撮影した映像や制作した画像を加工するスキルとなると、ヒューマンなものであり、ソフトである。
 人をいかに育て、確保し続けていけるか、富山で、日本で。
 それがこれからの大きな課題ではないか。

 今の行政にそういう意思を持ってもらえるような働きかけが大事だ。
 技術についての理解、有用性に関する理解、科学的根拠についての理解、安全性・・・。
 そういうものを行政に早く理解させ、支援を仰ぐことができれば、地元のベンチャー企業にもビジネスチャンスはあろうかと思う。

 課題は多いが、ノウハウを蓄えて是非頑張って欲しい。

06/10のツイートまとめ

kazuto_nakajin

これらの断片的なつぶやきが、相手とのやりとりの過程なく、一日分として、まとめてブログに反映してしまうのはちょっと違和感があるなあ。と思いつつ、ま、いいか。
06-10 23:14

あ、Sナントカって、会社の名前ですね。そこの経営革新の取得祝いをやろうと、・・・やっとわかりました! Turuki1960さん、見てます?
06-10 23:12

さようですね。
06-10 23:10

@cossyhall 秋吉の件です、よ、ね?
06-10 23:06

さっき、魚津駅前の某コンビニに行ったら「いらっしゃいませえッす」って言われた。なんだその挨拶言葉は!?って思ったが、まあそういう時代なのかなあ。
06-10 22:36

@turuki1960 今度行きましょう。
06-10 22:31

秋吉ナウ
06-10 19:22

06/09のツイートまとめ

kazuto_nakajin

今日は会社を早くにでなければならない日。仕事は終わっていないが。とりあえず本屋で電車の時間待ち。
06-09 19:45

「学び」についての雑感・・・パネルディスカッション用のネタより

 とやまキトキトBIZねっとのセミナーで実施したパネルディスカッション。
 進行を担当したが、その際、いくつかの「埋め草」的なネタを用意した。

 結局はパネラーの皆様が存分に語ってくれて、そんなものを使う必要がなかった。
 ということで、そのまま埋めてしまうのももったいないので、ここで披露する。

 と言っても他人様の本からの引用なのだが・・・。

 『韓国最強企業サムスンの22の成功習慣』という本である。
 著:チョン・オクピョウ氏(サムスンの元マーケティング責任者)
 訳:蓮池薫氏
 ※韓国で100万部売れた大ベストセラー

 てっきりビジネス書かと思って、あるときパラパラとめくっていたら、意外や「学び」について随所に書いてあってびっくりした。
 ということで、そこからの引用。

 ・人生はそれ自体が学校だ。
  我々は絶えず学び、成長していかなければならない学生だ。
  どこにいようが、何をしようが、人生の一日一日が学びの連続。
  成功した人はそれをよく知っていて熱心に学び、実践した人たちだ。(P85)


 ・人間は常に時間が足りないと愚痴をこぼしながら、まるで時間が無限にあるかのように行動している。【ローマの哲学者 セネカの言葉】(P34)


 ・人間は成長が止まったら、生きることの意味を失う。
  成功ではなく、成長を目標にしてこそ、本当の成果が収められる。
  日本の船井総合研究所は、人間が成功するための三つの条件の中でもっとも重要なものが「勉強が好きなこと」だと指摘している。
  どの分野でも学ばなければならない。
  学ぶということは、未知の世界に対する開拓であり、挑戦であり、経験を通した創造を意味する。
  企業だろうが個人だろうが成長するためには学習することが好きになり、それを習慣にしなければならない。(P90)


 といったあたりにしておこう。
 韓国で成功したビジネスパーソンも、しっかり学びについて見解を持っておられるということだろう。

定年退職までのカウントダウンなんて!

 時々「あと十何年だからなあ」というセリフを耳にする。
 今の会社でも前の会社でも・・・。

 なんのことか?とよく聞いてみると、定年退職までの時間のことだった。
 60歳になったら悠々自適。
 人生の表舞台からのリタイア。
 それはそれでその人の価値観だ。

 でも、リタイア。
 ・・・できるのか?
 60歳になったら、挑戦する人生、前に向いて進んでいく人生から引退してしまうのか?

 どうも私にはそういう感覚がわからない。
 スローダウンはするだろうと思う。
 20代、30代、40代のように無理がきかない体のはずだから、ペースは落とさなくては持たないと思う。
 でも、あたかも60歳になったら人生の表舞台からおさらばよ、という感じで「あと十何年だからなあ」というのはいかがなものか。

 人生一生勉強、一生フルマラソン、一生社会貢献だと思っている。
 あと十何年、というセリフは吐きたくないものだ。
 まるで自分の人生の終わりに向かってのカウントダウンみたくて、ヤだ。

06/07のツイートまとめ

kazuto_nakajin

とやまキトキトBIZねっとの2周年記念セミナーに参加された方々からお礼メールなどをいただいた。ありがたい。
06-07 23:23

06/06のツイートまとめ

kazuto_nakajin

中国の療法で「吸玉」というのがある。日本ではあまり知られていないが、向こうでは当たり前に皆さん受けているらしい。私は縁あってたまに受けている。ただ、毛穴が開いて菌が入る恐れがあるので、その日は入浴はしてはならない、という。しかしとてもスッキリするいい施術だ。
06-06 20:20

06/05のツイートまとめ

kazuto_nakajin

パネルディスカッションの進行役という体験をさせていただいた。パネラーの方々の協力のおかげで、なんとかやりおおせることができた。半年間の積み荷をおろせた。あっかりした。
06-05 20:58

@turuki1960先輩のしっかりした前例があったればこそです。目の前にいて下さったので、時々バロメーターとしてお顔を見させていただきました。ありがとうございました。
06-05 20:52

とやまキトキトBIZねっと2周年記念セミナー実施

 とやまキトキトBIZねっとの2周年記念セミナーを行った。
 http://kitokito.livedoor.biz/


 朝9時半に集合してみんなで準備。
 午後0時半に開場し、1時にスタート。
 総合司会は富山県のNo.1アナウンサー片野優子さん。
 去年に続いて2回目の司会とは言うものの、直前10分ぐらいの打合せのみできっちり進められる。
 (当然、事前の予習などしておられるのだとは思うが)プロはほんとに凄い。

 第1部は京都の中小企業診断士成岡秀夫氏。
 「伝統と革新の街京都の経営コンサルタントが語る学びの“考動”力」というテーマでの基調講演。
 ご自身の色々な経験談や最近取り組んでいること、これから90歳までの取組事項など、アグレッシブで意欲的なこころざしを聞かせていただいた。
 私が特に共感を覚えたのが、異分野へ転職すると、色んなことをリセットできて脳みそにキャパシティができてぐんぐん吸収できる、といったあたりの話だった。(かく言う自分がぐいぐい吸収できているかというとそうはいっていないが)

 さて第2部。
 私が進行を務めるパネルディスカッション。
 「特別な人の勉強法はもういらない!富山で働くあの人の学び力。」というテーマ。

 パネラーは、

 ・フリーアナウンサー
 ・税理士
 ・生命保険会社の営業員

 という、業種がまったくまちまちの3人の方、ということに、その場で気づいて実は愕然となった。
 なぜなら、仕事と勉強の話をして下さい、と言ったはいいが、「仕事」の部分は3人三様で、共通する部分がまったくなく、〝ディスカッション〟二なり得ないからである。
 そういうことに気づいてしまい、しまったああああと思ったが、「して下さい」と進行係が言ってしまった以上、後には引けない。
 ということで、まあ、そもそも、話を一つの方向性に持っていくとかまとめるとかということが目的ではなかったので、結論を一つにまとめる必要はないのだが、かと言ってパネラーの皆さんの発言を何も整理せずに終わるわけにはいかず、どう整理しようか、整理できるのか、という課題が冒頭いきなり私の目の前にどかっと腰をおろした。

 当然それ以前に、
 パネラーの皆さんの話をうまく引き出せるか。
 気持ち良く話していただけるか。
 私が何を伝えようとしているかが会場の人にうまく伝わるか。
 次のパネラーに質問をする時に、前の人の話と脈絡を持ってつなげられるだろうか。
 というような当たり前のこともクリアしていかなければならない。

 五感を目一杯そばだてながら、全能発火状態で必死こいて進行をした。

 というようなことは、普段の仕事では決して体験できない。
 緊張状態で仕事をするのは日常茶飯事であり、気を張るのはいつもやっていることだが、上記のような種類の緊張とは全く別物である。
 ということで、頭の内側がかゆ~くなるような大変スリリングな作業ではあったが、スリルとサスペンスを楽しんでやることができた。

 それもこれも、3人のパネラーの方の誠実な協力があったればこそである。
 ありがたいことだ。
 感謝、感謝、感謝の気持ちでいっぱいだ。

 終わってからのビールのうまかったことうまかったこと。
 そしてあっかりした気持ちでぐったりとし、出てきた疲労感の気持ちいいこと。

 いずれにせよ、これでまた一つBIZねっとの物語をつむぐことができた。
 これからも我々はこの勉強会&異業種交流会の取組を継続しつつ、進化していく(と思う)。

 明日のBIZねっとに乞うご期待!

06/03のツイートまとめ

kazuto_nakajin

ウチにはいまだにストーブさんたちが頑張って活動している。で、今度の週末ぐらいにいきなり扇風機さんたちにとって代わられるのだろうなあ。
06-03 23:33

私の座机のところに、昨夜体長10センチのムカデ出現。さすが田舎。しかし一体どっから入って来たんだろう?
06-03 23:31

眠たいナウ
06-03 23:28

06/02のツイートまとめ

kazuto_nakajin

鳩山さん退陣。想定はしていたことだが、ビックリ。言葉の迷走は政治家としては許されないことだ。しかしこの人の理念は大切にしたい。理念と政治の現実で揺れ動いたのが残念。
06-02 20:06

久しぶりに友人Mと昼食(今ではない)。博士の愛した数式を読んだとのこと。読書しなきゃ!
06-02 19:53

富山市石倉町の延命地蔵尊の水はとても柔らかくて飲みやすい。有り難いことだ。
06-02 00:21

06/01のツイートまとめ

kazuto_nakajin

@kitokitobiz山王さんの祭りに背を向けて駅前で酒。職場の皆さんとしっかりコミとりました。
06-01 23:07

05/31のツイートまとめ

kazuto_nakajin

InfoPADを探せ!
05-31 19:56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。