中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/30のツイートまとめ

kazuto_nakajin

51回目の献血。於ありそドーム。生きているうちに後何回お役に立てるだろうか。ちなみに69才一杯まではOKだそうだ。
10-30 10:51

スポンサーサイト

新田義治氏の『成功本はムチャを言う!?』

 偶然書店で見つけた。
 新田義治氏の『成功本はムチャを言う!?』(青春出版社)という本である。
 実は内田樹さんの『日本辺境論』(新潮新書)を探していたのだが、見つからず、たまたまこの本に行き当たった。
 成功本というジャンルがある。
 但し、成功するには色々ハードルがある。
 この著者は、その心理的なハードルは人それぞれで、それを、気持ちの切替だけで乗り越えるなんてことはそう簡単に誰もができることではないのだよ、と説いている。
 そして、次のようなことを語っている。
・願望や夢や目標を設定しても心の底で「うまくいくはずがないじゃん」と思っているとしたら、それを素直に認めてそこから再出発すればいい。
・「成功」の種類は一つではない。大金持ちになることだけが成功ではなく、自分の本当の喜びになることは人によって違うのであり、判で押したように他人の成功パターンに囚われる必要はない。
・三日坊主になっても、三日続いた自分を認め、そこからもう一回やればいい。三歩進んで二歩下がる、の繰り返しは確実に一歩ずつ前へ進んでいるのだ。

 さすが、教員を20年以上やって実業の世界でも活躍され、現在はライフ&ビジネスコーチングをして人の心の障壁を取り除く仕事をしておられる方である。
 成功をパターン化して「自分にはできない」と負のサイクルに落ち込まないように、人それぞれの行き方がある、ということを真剣に説いておられる。
 自分流ということが大切だと改めて思った。

10/22のツイートまとめ

kazuto_nakajin

今日は満月。美しい。
10-22 20:18

熊続報

 魚津でも熊が出たらしい。
 という言い方は少し変だ。
 魚津は熊の歩行者天国のようなところで、毎年出ている。

 今回の異様な点は、海岸沿い<しんきろうロード>に出たというところである。
 昨日の富山市の海岸通りで出たのと同じようなシチュエーションだ。
 昨日の熊とは別物であろうとのことだが、恐らく、山から川沿いに伝ってきて海まで出てしまったという点は同じである。
 私の家よりも下手である。
 なんせ海沿いなのだから。

 もうどこへ行っても熊だらけなのではないか。
 ある調査では、今年9月末で日本全国で2366頭の熊が出現しているとのことだ。
 今月に入ってから「熊出現」という情報が頻出していることを考えると、年内で4000~5000頭にのぼるのではないか。
 彼らは、100メートルを7~8秒で走るのだそうだ。
 ベン・ジョンソンやカール・ルイスよりも早いのである。
 追っかけられたら、逃げ切れないのだ。
 なんちゅうこっちゃ!
 いずれにせよ、どこへ行っても熊、というのは、やはりあまりいい感じはしない。
 プーさんみたいなくまばっかりだったらいいのだが・・・。

熊と自然の話

 このブログのテーマである「夢」とは全く関係がないが、富山県富山市の岩瀬という海岸で、釣り人が熊に襲われたというニュースがかけめぐった。
 山近くではなく、川づたいに、熊が海まで出てきたのである。
 これは大変ショッキングなことだ。

 今年は熊被害の当たり年である。
 当たり年なんていうのは、実際に被害に合われて、怪我をなさった方がおられるわけだから、かなり不謹慎だが、そういう言い方しかないと思うくらいに、あちこちで沢山熊が出ている。
 奥山と里山の境界がなくなり、人里と奥山が直結してしまっている現実、奥山の熊のエサが、環境変化のため乏しくなっているという現実、そういうものがあいまって、熊が冬眠前の食糧確保のためにさまよい歩いているらしいとのこと。
 熊にとっても人にとってもきついことだ。
 環境変化が動物と人間の境界を破壊しているのか、それとも本来の状態に戻されつつあるのか。
 どちらかはわからないが、少なくとも我々人間にとっては、安全についての意識を変えなくてはならないような状態になりつつあるのではないかなと思う。

10/16のツイートまとめ

kazuto_nakajin

またもやジンライムをいただいた。うまいっ!!極楽。こんな夕べがあってもいいでしょう。
10-16 20:20

午前中、会社のイベントを一つ終え、ホッと一息。自分へのプチご褒美。散髪をしてスーパー銭湯で人口炭酸泉のお風呂にじっくり。至福の時。
10-16 16:11

真野響子さん話の続編

 真野響子さんの話の中で、「おくりびと」の第二弾の映画を撮影しているとかいう話があった。
 青木新門氏ともお会いになったそうだ。
 富山の人として、「おくりびと」は観ておかなきゃだめよっ、と言われた。
 観なきゃいけない。と思う。










10/11のツイートまとめ

kazuto_nakajin

一昨日、蒔絵シールを一年ぶりに買い換えた。今度のは虎だ。ガオーッ!
10-11 23:48

10/10のツイートまとめ

kazuto_nakajin

通信教育4回目、やっとできた。先週半分やっておいて良かった。残り半分(B5サイズで小論文3枚分)、朝から3時間もかかってしまった。疲れたが、この3連休中の課題、まず一つできて良かった。
10-10 12:00

気分を切り替えてしっかり通信教育をやろうとトイレに立ったら、しばらく見当たらず、寂しい気持ちになっていたある薬(ドラッグストアで販売している薬)がひょこんと廊下に鎮座。ほっとして安心。さ、やるぞ、通信教育。・・・事務の堅確性とかに関する課題。難しいが通らなきゃならない道だ。
10-10 10:37

朝8時にゆっくり起床。朝食後通信教育に取り掛かっているが、途中SWOT分析のことや来年の社会環境の変化のことに気持ちがいってしまって、約1時間断絶。しっかり本業(通信教育)をやらなきゃ。
10-10 10:35

森のゆめ市民大学10月10日・・・真野響子さんの講演

 なぜか魚津で開かれている「森のゆめ市民大学」。
 故筑紫哲也氏の始められた取組みである。
 友人のI氏の配慮で昨年から聴講させてもらっている。

 今日は30年来のあこがれの女優 真野響子さんの講演だ。
 今年最大の楽しみの一つである。
 ということを一昨日まで忘れていて、今日は猛然と仕事の準備をするつもりだったが、これを思い出し、もちろん真野さん優先とした。
 もっとも、色々ある課題を少しでも前進させねばと思い、午前中は通信教育を仕上げた。

 さて、真野さんの講演の前、少し時間があったので国道8号線を車で走った。
 今日は妙な天気で、どしゃぶりがあったり、晴天となったり。
 雲も、なんだか夏と秋のせめぎあいのような雲の具合で、さらにそれらとは全く異なる形の雲があった。
不思議な雲20101010
 馬頭星雲というとちょっと違うかも知れないが、一瞬何かの形のような気がした。地面から屹立しているような妙な雲だったので、思わず車からシャッターを切った。(カメラ持ってて良かった)

 さて真野響子さん。
 私の印象は30年ほど前に「魔女伝説」という半村良さん原作のテレビで、河原崎建三さんの奥さん役、というか主人公なのだが、この時の印章が強烈で、すっかりファンになった。
 ということで「御宿かわせみ」は見ていないので、気丈な、という印章は全くないのだが、でも芯のしっかりしたしとやかな女性というイメージが強かったのだ。
 話を聞いてびっくり。
 いきなり「こんにちわ!」という大きな声の挨拶で、しかもステージ中央に向かって歩きながら、の講演スタートで、即座にイメージが変わった。
 話の中身は、縦横無尽、好きなことをくっちゃべっているという感じで、とにかくテンポがよく、脱線しっぱなし、会場は仕切りまくり、まるで男のような、というと悪口に聞こえるかも知れないが、歯切れの良いサバサバした話し方でとても楽しいひと時となった。

 特に印章深かったのは、旦那さんと「食生活の一致で結婚した」ということ。これは大事だ。私も妻の味付けがうちの味とよく似ていたので「大丈夫だ」と思ったし。また、石川県立美術館に所蔵されている野々村仁清作の「キジ」が大変ないわれのあるものだという話も興味深く聞かせてもらった。また白洲正子さんのお話も良かった。
 この人が、美術に造詣が深いということも始めて知った。
 しかし良いなあと思ったのは、あくまで自分流で、自分の価値観で「好き」とか「いい」とかを決めているという点であり、芸術品を愛でるというのはそういうのでいいんじゃなかろうか、と思う。

10/09のツイートまとめ

kazuto_nakajin

長男が朝から奈良の生駒へ。キャンプの勉強か何からしい。よくわからないが。気の毒に、奈良も雨だ。
10-09 12:50

先日、某銀行に行った。別の部の偉い方のお供として、であるが、その際その偉い方が「ジンにライムを搾って飲むととてもうまい」と、いかにも今飲んでいるような、とてもうまそうな顔をして言っておられた。感化されやすい私。妻と買い物に出たところ、ジンを買ってしまった。今日は飲めないのに。
10-09 12:45

部屋のタンスの中の古い衣類や夏物を整理した。処分したものも結構ある。部屋全体が軽くなったような気がする。
10-09 12:42

買い物に行った店先に、どうぞお使い下さい、と置いてある老眼鏡。弱、中、強と三種類ある。使ってみたい誘惑と気恥ずかしさのせめぎあい。
10-09 11:35

10/05のツイートまとめ

kazuto_nakajin

家に帰って風呂に入ってビールを喉に流し込む。ほっとするひと時。こういう時間を持てることの有難さ。
10-05 22:56

10/03のツイートまとめ

kazuto_nakajin

続いてなんと、障害物競争に参加。体育万年2の私が、午前中だけで3つの競技に参加。しかも障害物競争は五人中、なんと二位。子供時代は想像もつかない快挙。一人自分を褒めている。
10-03 11:41

地域の運動会に参加中。借物競争の次は豆台風。ああ、忙しい!
10-03 10:36

地区運動会での子どもたちのリレーに感動

 昨年に続き、地区の運動会に参加。
 今年は仕事もあり、午前中だけの参加とさせていただいた。
 しかし、自分の都合ということもあり、午前中、可能な限り出場した。

 私が出たのは借物競走、まめ台風、障害物競走の3種である。
 障害物競走が一番緊張したが、5人中なんと2位であった。
 後から気づいたが、1位の人は私の高校の同級生のU氏であった。
 高校時代はスポーツ万能のスーパーヒーローだった。
 その彼と、体育万年2の私がいい勝負をしたのだから、これはこれで自分を褒めてやりたい。

 さて午前中最後の競技は小学生のリレーであった。
 子どもたちが必死の形相で前を走るライバルを抜こうと懸命に走っている。
 前を走る子どもは後ろから来る子に抜かれまいとして、これまた懸命に走っている。
 人生。
 他人との比較、というのは良くない、それぞれの個性を大事に、と言う。
 ゆとり教育の考え方もそういうところから出てきたものと思うが、個性を大切にということは一面真理だと思うし、私も自分の子どもたちの個性を大切にと日頃思っている。
 しかし、生きていく以上、他人との競争なしではいられない。
 そう考えると、今日の子どもたちのリレーでの競争は、人生そのものではないか。

 懸命に前を向いて走っている子どもたちの姿に、思わず涙が出た。
 一所懸命は美しい。
 一所懸命に生きていこう、これからも、と思った。
 他人様のお子さん方であるが、勇気をもらった。
 ありがとう。

DVD「鴨川ホルモー」を観た

 万城目学氏原作の「鴨川ホルモー」。
 映像になっていることを知り、どうしても観たかった。
 昨夜、仕事の忙しさもそっちのけで、レンタルして観てしまった。

 ご覧になろうという方には、原作を読んでから観ることをお薦めする。
 その理由は、ほぼ原作を踏襲した映像作りにはなっていたのだが、原作では色々説明がついていたが、映画ではそこまで細かく説明できないため、映画だけを観たのでは、よくわからない点が沢山あるような気がするからである。
 
 特に面白かったのは、「レナウン娘」の踊りのシーンである。
 どういう踊りなのか、是非見てみたかった。
 見てもわからなかった。
 原作者と私の青春時代の違いによるものか、それとも京都大阪と富山という地理的な違いからか。
 しかし、とても面白い踊りであったことは間違いない。
 もう一回見てみたい。

 それともう一つ印象深かったのは、栗山千明さんの「攻撃!」という命令を下す時のポーズである。
 そもそもわざと可愛くない女性の扮装をしての登場だったのだが、その落差が面白く、かつなんとも珍妙なポーズで命令を下す。
 美人女優の珍妙なポーズという点がなんとも面白かった。
 これも映像ならではの楽しみだ。

 というわけで、原作を読み、映画を観るというのが私のお薦めだ。


10/02のツイートまとめ

kazuto_nakajin

昼飯を、食べる間もなき一週間。今日はちょっぴり、ペースダウンで。(一応、五七五、のつもり)
10-02 09:28

故・小室直樹氏について

 先月亡くなった小室直樹氏のことについて書く。

 私が始めてこの希代の大学者のことを知ったのは、高校3年生のときであった。
 偶然、NHKのテレビで、山本七平氏と対談をしておられた。
 その時に、紹介のテロップが流れ、京大、東大、ハーバード、数学、社会学、経済学、法学・・・というおよそ1人の人間の中に共存しにくいような学問を名門大学を渡り歩いて修得してこられたすごい人、ということを知った。
 衝撃が走った。
 なんだかすごい人が日本にはいるんだなあと思った。

 翌年、大学に進学したら『ソビエト帝国の崩壊』が上梓された。
 NHKテレビでの強烈な印象が残っていたため、私がこの人の著書にすぐに飛びついたのは言うまでもない。
 内容は、興味のある方は是非お手に取って直接読んでいただければ良いが(本書の他に、シリーズものが合計3冊出版されている)、小室直樹氏の凄いところは、現地に行ったわけでもなく、世の中に出ている一般の情報(本やニュースなど)から、社会学の分析手法(と言っても誰にもまねできないものかも知れないが)を使って、ソ連の問題点をあぶり出し、その結果、早晩崩壊する、と断じた点である。

 それから9年後の1989年にはベルリンの壁が崩壊し、その翌々年の1981年に、小室直樹氏の予言どおり、ソビエト連邦は崩壊した。
 文字通り、国、体制が崩壊したのである。

 一方、その後小室直樹氏は『アメリカの逆襲』シリーズや『資本主義中国の朝鮮』『アラブの逆襲』などを立て続けに光文社から出版された。
 どれも、法や宗教なども含めた社会構造から根本的に社会の行く末を考える本で、大変勉強になった。

 小室氏の筆致はやがて日本社会の根源的な問題点に戻る。
 戻るというのは、実はこれら、ややお手軽な感じの本の前に、『危機の構造』という本を出版されており、ここには日本社会の構造的な問題点があますところなく記されている。

 小室氏の本には、よく「アキュートアノミー」という言葉が出てくる。
 社会の法や規範、宗教など、人の行動を左右する共通的なものの考え方、これが根本から覆されるとき、一人ひとりの人、それらで構成されている地域や国家などの社会全般が、皆、パニックになって、価値観・倫理観・人生観が根源から崩壊する、というようなことである。
 ソ連の崩壊に向けての兆候としては、アル中が多い、というようなこともその傍証として書かれていた。
 我が日本の場合は、第二次世界大戦が終わった時に、それまでの価値観が全否定され、国民全体がやる気を喪失し、自暴自棄になった。しかし国民の精神的な支柱であった昭和天皇が処罰されなかったために、かろうじて暴動やパニックは抑えられたのかも知れない。(これは私の印象)

 もう一つの重要なキーワードは「ノブレス・オブリッジ」である。
 高貴なる使命感、というものらしい。
 例えて言えば、大英帝国にはいまも貴族がいて、彼らは戦争になれば真っ先に出陣する、国のために命を張る立場であり、実際、王家の人々も必ず一度は軍役に就いている。
 つまり、立場が上の人々には権威や権力があるが、それに見合うだけの責任や義務について、大変高いレベルのものを求められ、それらが一体となってこそ、人々も彼らを尊敬し、集団としての規範が保たれる、というものである。
 権威と責任のバランスが崩れ、立場が上の人々が当然果たすべき義務を怠ったり、権威や権力を私用して不正や犯罪を働いてしまい、それに対するおとがめがなかったりすると、一般の人々はやる気を失い、法や秩序が保たれなくなり、犯罪が横行し、社会は崩壊に向かう。お前らの権威は俺たちが付託したものなんだぞ、というのが崩れてしまい、皆が権威者になってしまう。これは暴力社会=万民の万民に対する闘争である。そうなってはいけない。
 しかるに我が日本はどうか。
 役人や公務員による犯罪が横行している。
 最も権威があり、威厳をもっていなければならない人々が、自分の権力を使って、公の利益ではなく、自分だけの利益を図っている(人々がいる)。それがさらに組織化して、自分たちの収入を増やす行為や第二の就職先を集団で世話することなどが自己目的化してしまっている。それも国民から吸い上げた税金を使って、である。
 ここまで来るとどうしようもない。
 今回の大阪地検の事件もそうではないか。
 検挙率を維持することが目的化してしまって、そのためにストーリーを作り上げ、ストーリーに合うような証拠をでっち上げ、それで無実の人を積に陥れる。
 ここまで来るともはや法治国家ではなく、放置国家である。
 というようなことになるよ、と小室直樹氏は田中角栄裁判などを通じて警鐘を鳴らしていた。

 もう一つ、忘れてならないこの人の重要な指摘。
 日本は社会主義国である、という話。
 詳しくは書かないが、日本は戦後超平等社会を実現し、累進税率も高く、多く稼いだ人から沢山の税金を取って富の再分配をし、しかもそれほど不満を生まずに社会秩序を維持してきた、これはまさしくマルクスが唱えていた社会主義国そのものである、と。
 これは、ある意味、日本という国だけでなく、我々の勤務する会社(どちらかと言うと大会社)の構造もそうである。
 良い、悪い、は別にして、そういう観点で日本の社会や会社を見ると、確かに「ああ、そうか、だからか」と納得できる点が多い。
 これらは『社会主義大国日本の崩壊』をご参照願いたい。

 日本社会の問題点として、さらに、重要な指摘がある。
 日本は「魔女狩り」の性質を持っているという点である。
 みんなで「この人は悪い」と決め(あるいは想定し)、その人をみんなで袋叩きにする、という悪弊である。
 いや、確かに本当に悪いことをしたのかも知れないが、本当に私たちはその人が悪事を為したと知っているのだろうか?
 たとえば、先ほどの田中角栄元首相。ロス疑惑の三浦和義氏。戸塚ヨットスクールの戸塚宏氏。テレビのワイドショーがその被疑者を犯人だ、悪人だといわんばかりに報道し、テレビを見た視聴者は「ああ、この人、悪い人なんだ」と思い込んでしまい、結果、国民大合唱で「こいつを処罰しろ、ハングアップだ」と叫び、その人の裁きが終わると、今度は別の犠牲者を見つけ出し、引きずり出し、またみんなでバッシングする・・・。
 そうやって鬱憤を晴らすようになってしまった。

 どうも我が日本人は、みんなで一緒に同じ方向を向いて、ということが好きな国民らしい。
 だからみんなで一斉に誰かをバッシングするし、みんなで万歳して貴重な働き手を戦地に送り出すし、ちょっと反対の方向のことを言ったら「あいつは変わり者だ」と差別したり仲間はずれにしてしまう。これは何も第二次世界大戦までのことではなく、今も日本の構造に横たわっている、変わらぬ精神性である。
(このことをビートたけしは「赤信号、みんなで渡ればこわくない」とものの見事に一言で切って捨てた。実際に赤信号をみんなで渡ればこわくはないかも知れないが、間違いなく何人かは事故にあう、その危険を「一億総・・」という美名でわからなくなってしまうのだ。
 これはまずいよ、と小室直樹氏はしきりに警鐘を鳴らしていた。

 そういう冷静な目で事件を見られる人が一体今の日本にどれだけいるだろうか。
 いや、物言わぬ大多数の国民は冷静に見ているのかも知れない。
 しかし芸能マスコミ化した新聞やテレビは、センセーショナルな報道=売れ行きを求め、静かに報道すれbそれでいいことも、タイトルを強調したり、「識者」と言われる人のコメントを効果的に活用したりして、いやがうえにもヒートアップしてしまうようになってしまっている。
 それを読んだ一般の人々は、マスコミの論調が自分の意見だという感覚になってしまい、たとえば街頭でインタビューを受けた時には、その論調が自分のコメントとして口から出てしまっている。
 その結果、それが大多数の世論だ、ということになる。
 小室直樹氏は、そういう「空気の支配」に警鐘を鳴らし続けていた。(「空気の支配は」山本七平氏の著作、又はこの両者の共著などをご参照願いたい)

 今さらながら、小室直樹氏の慧眼には驚くばかりであり、また、1976年に書かれた『危機の構造』以下、どの著作を見ても今も新しく、深いことにあらためて驚いている。

 我々は小室直樹氏の重要な指摘の数々をもう一度しっかり学んで、それを腑に落とし込んで、これからの世の中に対していかなければならないと思う。
 表層の変化だけではなく、本質的な現実をしっかり見て、本質的に問題に対応していかなくてはならない。

 こういう人物を持てたことは日本の僥倖である。
 心からご冥福を祈りたい。
 そして、その考えを学ぶ機会を与えていただいたことに感謝したい。












 この本が小室直樹氏の考え方・ものの見方の勉強になる基本参考書だと思う。
(・・・それにしても、バナーを横に並べられないものだろうか・・・)

09/30のツイートまとめ

kazuto_nakajin

祝日が月の後半に2日もあると大変たいへん忙しい。しかも9月という中間決算の時期。とても忙しかった。もうあかんかなとも思ったが、なんとか9月、乗り切った。さ、明日から10月、またネクタイとの付き合いが始まるが、気持ちを引き締めて頑張っていこう。
09-30 23:53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。