中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05/26のツイートまとめ

kazuto_nakajin

帰宅したら、季節はずれの「カワハギ」の刺身があった。コリコリしておいしかった。これでキュッとした日本酒など飲めれば良いのだが、明日も仕事なので控えねば。楽しみはとっておいて、刺身だけを堪能した。妻よ、ありがとう。
05-26 22:31

スポンサーサイト

05/25のツイートまとめ

kazuto_nakajin

両親が結婚50年を迎え、北日本新聞社から記念の楯(二羽の鶴が向かい合っている高岡銅器の楯)をプレゼントされた。父はあいにく病床ではあるが、めでたいことに変わりはない。長年の連れ合いという点において、我が親ではあるが、感謝と祝福をさせてもらいたい。
05-25 23:44

やっぱり奇妙奇天烈な万城目ワールド『プリンセス・トヨトミ』


 就寝前の十数分間の読書タイムだった。
 ここのところほぼ毎晩読んできた。
 映画化ということもあってベストセラーの上位にずっと名を連ねている。

 万城目学氏の『プリンセス・トヨトミ』だ。


 私が過去読んだ2冊は奈良と京都を舞台にしたものであり、伝記風な色彩を帯びた青春小説であったが、今回の作品は、歴史を背景に持ちながらも、大阪の下町を描いた青春小説であり、青春小説という点以外は随分異なった趣があった。
 それにしても万城目氏は博学だ。
 やや司馬遼太郎さんのエッセイ小説を彷彿させるような、説明調が多かったような感じもするが、それはそれでテンポは良かったと思う。
 オチ、があるようでないような、最後はやはり日常に戻るという点も安心感がある。
 明日も明後日も、この登場人物たちは、同じような日々を繰り返し、いつか結婚したり子孫を残したりしていくんだろうけど、自分の大切にすべきものを大切にしながら懸命に生きていくんだろうと思う。

 発想が実に豊かで、とんでもない舞台装置が用意されている面白さが、やはり、ある。
 楽しい小説だった。

05/21のツイートまとめ

kazuto_nakajin

ドコモのスマホがこの夏本格的にiPhone迎撃を開始する。というわけで、2年前に買ったiPhoneの回線契約を解除。端末料金分割払いももう終わるし、ドコモ携帯を今も使っているので支障はない。当分はiPod的に使うが、6月以降はドコモのスマホに一本化する。孫さん、ありがとう。
05-21 16:41

今日は朝から脱衣所の扇風機の掃除、身の回りの品々の買い物などをし、今夜のメインイベント<飛鳥鍋>の具材を買出し。私が家で料理するなど10年ぶりぐらいではないか。10年前って言っても<やきうどん>だけど。季節的には少しずれるが、食べたいのだからしょうがない。やると言ったらやるのだ。
05-21 16:36

久しぶりの手料理<飛鳥鍋>を作って食べた、うまかった!

 たぶん10年ぶりぐらいの料理。飛鳥鍋を作った。(10年前は焼きうどん)
 奈良県は飛鳥地方に伝わる郷土料理だ。
 以前家族で飛鳥の民宿で一泊した際にリクエストして食べさせてもらったもの。
 あの味が忘れられず、レシピを調べて自分で作った。もちろんかみさんの協力の下ではあるが。
 観光ガイドには「聖徳太子も食べていた」というようなことが書いてあり、真実かどうかは別として「聖徳太子」の名前を目にしてしまうと、無碍にはできない。シーズンオフに近かったが、無理を言って作ってもらった。

 インターネットのおかげでレシピも多数検索できた。
 鳥ガラスープ600ccに牛乳約1ℓを加え、味噌、醤油、塩、生姜のおろし汁を加えたものがスープ。
 具は、鶏のもも肉、小芋、白菜、エノキ、椎茸、春菊、ネギ、焼豆腐、といったところか。

飛鳥鍋


 ま、ほとんどが「牛乳鍋」である。
 当時小学校低学年だった下の子供は牛乳がきらいだったが、「おいしい」と言ってしっかり食べてくれた。
 今日もそのことを覚えていて、「これはオレも食べられる」と沢山食べた。

 思わぬ誤算もあった。
 午後8時から始まった鍋料理。
 母、妻、下の子、私の4人で食べたのだが、終盤になって上の子供も帰ってきて参加。学校の部活やボランティアの話など会話が弾み、結局10時半まで話していた。普段子供たちと一緒にご飯を食べる時間もなく、ましてや会話も少ないが、たまたまの鍋料理で2時間半も話していたというのは、なんともうれしい限りだった。

 でも、何よりうれしかったのは、自分がやりたいことをやりたいようにやらせてもらえたことかな。もうビールが進む進む・・・。
 というわけで、すっかり酔った。
 いい晩餐だった。
 ありがとう。(家族のみんな、レシピを提供してくださった方)

05/17のツイートまとめ

kazuto_nakajin

いや、はや、健康診断だということをすっかり忘れて普段どおりの生活をしていたら、血圧が143の93という高い値を示してしまった。ここ2?3年、毎度血圧が上がっているので運動もしてきたのだが。これを機に食生活を改めよう。塩分控えめに。スクワットも取り入れて。健康で長生きしなきゃ!
05-17 22:16

今日は満月。お月さんの見え方は、日本は昔からウサギの餅つきが主流だが、本を読む女性、ハサミの大きなカニ、吼えるライオン、水を運ぶ男女、薪をかつぐ男など、お国柄というか、イマジネーションの広さというか、色々だ。介護の仕事をしている妻に話をしたら、話題に使えるかも、と喜んでくれた。
05-17 22:13

05/15のツイートまとめ

kazuto_nakajin

外付けハードディスクに移したiTunesのデータが混乱してしまい、昨日の夜7時頃から改修作業。元はと言えば自分の使い方が間違っていたのが原因だと思うが、一晩寝かせて今までかかってしまった。さ、気持ちを切り替えてやるべきことをやろう。
05-15 10:36

05/13のツイートまとめ

ジョン・コルトレーンのthe song of underground railways。直訳すると「地下鉄の歌」。しかし曲調と合わないなと感じていた。むしろ、希望を胸に、進め、進め、というふうに私には聞こえていた。意味がわかった。奴隷達が夜陰に紛れ北斗七星を頼りに脱走する物語だとのこと。彼らにとって命をかけての逃亡行だが、希望を持って突き進むことへの応援が、コルトレーンの「静かなる抵抗」なのだ、と『コルトレーン ジャズの殉教者』には書いてある。
05-13 21:54

ジョン・コルトレーンの名曲の数々。その凄さは、当時のアメリカの状況がわからないと理解できないのかも知れない。あの凄まじい演奏は、奴隷制、人種差別などアメリカ黒人が受けた悲惨な状態への反対や鎮魂だった。by『コルトレーン ジャズの殉教者』(岩波新書)より。心を正して聞かねば。
05-13 21:15

05/12のツイートまとめ

kazuto_nakajin

ところで、田んぼに水が入って一週間。おとといあたりからカエルが鳴き始めている。彼らの声が心地良い。しかし震災の地では田植えもままならない所もあるのではなかろうか。東北の震災地にも良き日本の風景が戻ってくることを祈ります。
05-12 21:43

今頃の季節はなんとビールのうまいことか。家では飲まないことにしていたが、今週は皆勤賞だ。・・・呑み助になってしまった。350ml一本だけど。
05-12 21:38

05/08のツイートまとめ

kazuto_nakajin

日中、東寺の「風信香」を焚き、清水のお香を焚いで、今日の仕上げは奈良 当麻寺の「甘茶香」。さあこれから仕事するぞ、という時には逆効果のような気がするが、張り詰めた状態から開放されていいんだぜ、って時にはちょうど良い。一日の緊張をほどいてくれる。ありがたいお香だ。
05-08 21:53

昨日の居間の戸棚整理の結果、古いお札が出てきた。地元の神社に電話したら、納める箱(名前を失念!)があるのでどうぞとのこと。早速行ってきた。お賽銭もちゃんと入れ、拍手を打ってきた。よろしくお願いします。
05-08 14:59

今日のスタートは奈良、金峯山寺の蔵王香。清清しく荘厳な感じの香りです。
05-08 10:06

05/07のツイートまとめ

朝から居間の戸棚の片付け。ほとんどが私の20年ほど前の仕事関係書類で、十のうち九がゴミになった。当時は重要な資料だったはずなので戸惑いもあるが使わない資料を後生大事にとっていてもしょうがない。妻の車を水洗い。水しぶきの中に即席の虹ができて、幸先良し!と感じた。
05-07 11:35

05/05のツイートまとめ

kazuto_nakajin

風呂の床の隅や天井にカビちゃんたちが増殖してきたため、風呂の掃除をした。最近の薬剤は面白い。なんと「もぎたてピーチの香り」と書いてある。使ってみたら本当に桃の香りがして掃除が楽しくなってくる。以前は塩素系のツーンとした臭いが目や鼻に来たものだが。世の中進化している。
05-05 20:02

さて活動開始。まずはお香を焚いて、部屋の空気を澄ませてから。
05-05 08:57

05/04のツイートまとめ

kazuto_nakajin

まだ終わったわけじゃないが、今年のゴールデンウィークは、いい時間の過ごし方ができたと思う。ありがたいことだ。明日も有意義な一日にしよう。
05-04 23:34

部屋の整理が概ね片付いたので、久しぶりに本を読んだ。ロンダ・バーンさんの新刊『ザ・パワー』である。書いてあるわけではないが、神=仏=愛、それらは感謝で動く、というメッセージを、私なりに受け取った。
05-04 20:37

4月の下旬から取り掛かってきた大掛かりな整理がおおむね結了。部屋に置き場所のない本は納屋の2階の書棚の上へ。たぶんいらない本だらけなのだろうけど、買った以上なかなか手放せない。しかし、ひとところに集結させたことでこれからは徐々に整理が進む(はず)。
05-04 10:42

ロンダ・バーンさんの『ザ・パワー』

 数日前、ロンダ・バーンさんの『ザ・パワー』という本を購入した。
 父の部屋を改修させてもらい、私の仕事部屋にさせてもらったのだが、家具類の移転などが終わったのを記念しての、第1号の書籍購入である。

 改修した部屋は主に仕事や思索や読書などに使うので、「思考と創造の基地」と位置づけている。
 完成したこと自体が大変な僥倖であり、父はじめ家族のみんなや工事に携わって下さった方々、本や机などに対しても、ありがたいことだと感謝している。

 さて書籍の中身だが、人が接する色々な出来事は、全てその人が引き寄せている、という話がベースにある。
 これはすでに前著『ザ・シークレット』で十分に語られていることである。
 ではその引き寄せについて、何がそれをもたらしているか。
 良いことも悪いことも、全ては「愛」の力がその根源にあるという。
 良いことが起これば、愛のパワーがしっかり作用したことであるし、悪いことが起これば愛のパワーが欠如していたということらしい。



 良いことを求めるなら、良いことを望み、良いことを自分にも他人にも与えなさい、という。
 心の底から望むこと。
 嫌なことから離れようとすると、離れようという意識が嫌なことをずっと引き寄せ続けるので、良いことに意識を集中させるのが良い。
 楽しいこと、愛すべきもの、自分が気分が良くなることに思いを集中させる。
 これが人生好循環の秘訣だという。

 ただ、〝引き寄せ〟系の本を読んでいつも思うことだが、では、戦争や事故や天災や食中毒に遭遇して命を落としてしまった人たちも、同じようにそれ(災難)を望んで引き寄せてしまったのか、という疑問が沸いてくる。ある人曰く「そのとおり、それもその人が引き寄せた結果なのだよ」と言う。しかし何千、何万人もの人たちがいちどきに襲われる災害までもが彼らが一斉に望んだことだというのは納得できない。
 そういう疑問が解消できたわけではないが、生きて、生き続けている現時点の私としては、この先どう生きていくかというのが大切であり、そのことに焦点を絞って色々な物事に接していくしかないと思うので、疑問にこだわり過ぎず、かといって忘れてしまうわけでもなく、読み進み、取り組んでいこうと思う。

 大切なことは、自分を愛し、自分の周りの心地よいことを愛し、他人の成功に共感してそれを愛し・・・とやっていると、宇宙のパワーが自分のそういう思いに共鳴して願いが叶う、という。
 これまでの歴史で、偉人たちはそういう仕組みがわかっていたようだ。
 数々の事例や箴言が紹介されている。
 欧米の歴史上の人物はもとより、釈迦や孔子や老子まで出てくる。

 そういえば、我が日本にもこういう話がある。
 「私の名は、悪しきことにも一言、善きことにも一言、言い放つ神、葛城の一言主の大神であるぞ」
 という葛城の一言主の神。
 悪しきことも一言、善きことも一言・・・これが「愛」ということではなかろうか。
 もちろん雄略天皇の時代に「愛」という単語はなかったかも知れないので、具体的にどう「一言」で言ったのかはわからないが、ロンダ・バーンさんの「良いことも悪いことも愛の力」という語りとつながっているような気がする。

 「人生の贈り物の一つとして、あなたは色々な種類の人々に出会います。そしてあなたは自分が好きな人を選び、好きではない人を避けることができます。(P227)」という下りがあった。
 これは目から鱗であった。
 嫌な人との出会いも「人生の贈り物」なのだという捉え方。
 しかもそういう種類の人(その人も含め)とは、嫌なら避ければ良い、という選択肢があるということ。
 もちろん嫌だから明日から会わなくて済むかというと、そう簡単なわけにはいかない。
 しかし、心にその人に対するこだわりを持っていなければ、早晩その人との関わりは徐々に薄れていく、という経験を私自身もしたことがある。
 嫌な人との接触も、選択するための「贈り物」と捉えれば、大概のことは肯定的に対応できる。
 いいことを教わった。

 さて、これも『ザ・シークレット』はじめ色々な書物で語られていることだが、想像が創造につながるためのプロセスについての下り。
 1.想像する:欲しいものが手に入り、やりたいことが実現できているところを想像する
 2.感じる:想像したものに対して愛を感じる
 3.受け取る:愛の力が自分に望みのものを与えてくれるのを受け取り、届いたら心の底から感謝する

 大切なことは、感謝と愛と信念である。

05/01のツイートまとめ

kazuto_nakajin

あと数日で両親が結婚50年を迎える。金婚ということだ。すっかり忘れていたが、私が49歳になったのだから、そのはずだ。名前が新聞に掲載されたところ、母の知人たちからお祝いの電話や花束が届けられた。ありがたいことだと思う。病床の父も大層喜んでいた。
05-01 18:46

昨日までに、家の中にあった自分の本、書類、文具、工具、機械類、CDやDVDなどを全部ひとところに集めた。そのため部屋はごみためのようになっているが、集めることによって無駄や重複がはっきりする。集めた後は不用品の処分、整理だ。・・・これは次の連休以降。今日は明日からの仕事の準備。
05-01 10:53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。