中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インシテミル』を読み、映画も観た

 速読の一環で、たまに小説もいいかなと思い、先日米澤穂信さんの『インシテミル』という小説を読んだ。
 次男が映画を観たという話を聞いていたので(次男は藤原竜也さんのファンだったと思う)、共通の話題ができるかな?という思いもあった。



 小説は、内容は書かないが、ぐいぐい引きつけるような迫力があり、早い速度で読んだけれど、なかなかスリリングで面白いものだった。
 読んだ数日後に、以前録画しておいた映画の「インシテミル」を観た。
 昔の角川ではないが、読んでから観るか、観てから読むか、である。

 小説は飛ばし読みをした関係で、少し理解が不十分な点もあったが、映画を観てすっとわかった。
 しかし、映画は2時間程度にストーリーを映像を交えて詰めなければならないせいか、小説の方が面白かったと思う。
 よくあることで、小説のエンドと映画のそれも違っていたし、ストーリー展開も少し変えてあった。それは特に違和感はなかった。
 映画の俳優はいずれも今の日本の主役級の人々で、豪華なキャスティングであった。
 (藤原竜也さん、北大路欣也さん、綾瀬はるかさん、石原さとみさん、平山あやさん、石井正則さん、武田真治さん、片平なぎささんらである。)


 米澤穂信さんの本はまた読んでみようかと思う。
 小説、映画、どちらもお勧めである。

スポンサーサイト

マヤ暦の「2012年」の先について考える

 先日の新聞に「マヤの遺跡から、2012年の先の記述のある暦が発見された」という記事が出ていた。
 数年前からマヤの暦には2012年から先がないので、これは世界の終わりを予言したものだ、という本やら論調やらが巷間出回っている。
 本当ならイヤなことだし、本が売れれば出版社が儲かるという当然のこともある。
 2012年の先の暦、という発見は、本当かも知れないし、作り話かも知れない。
 2012年で世界が終わる、という解釈も、あくまで解釈である。
 今日、何かの事故や災害に遭い、終わりが来るかも知れない。
 考え出したらきりがないことだと思う。

 ドラッカー氏は、「間違いなく言えることは、明日は今日とは違う、明日のことは予測できない」というようなことを言っておられたと思う。

 世の中には人々を不安にさせる色々な情報が溢れている。
 それは事実かも知れないし、不安心理を煽って商売にしているのかも知れない。
 それぞれの情報の発信源の「意図」はわからない。
 どの情報が本当かも、自分で確認しなければわからない。
 私たちは、色々な情報に一喜一憂せず、今この時、今日一日を精一杯生きることが大切なのだと思う。

 カーネギーの『道は開ける』という本に「今日一日の区切りで生きる」ということが書いてある。
 一瞬一瞬を幸せに満ちた感覚で生きるためには、昨日のことをくよくよしない(反省と後悔は別物)、明日のことを思い悩まない(ないものにおびえない)、という心の持ちようが大切だと思う。



 『葉隠』で山本常朝氏は「一瞬一瞬の積み重ねが大切だ」と言っている。
 死ぬことと見つけたり、というのは、「死のう」ということではない。
 いや、死は全ての人に平等に必ず訪れる。それを認識した上で、与えられている今という命をどう充実して生きるか、ということを、江戸の武士も言っているのではないかなと思う。


石井貴士さんの「1分間勉強法」を実践してみた(後半)

 石井貴士さんの『1分間勉強法』という本に書いてある「1分間勉強法」の習得トレーニング2日目。
 昨日と同じように、午前8時スタート。

 2日目は、午前中に昨日と同じように、20分間ワンセット×3回の1クールを3回
 合計90分というメニューを実施した後、午後に1分間で本1冊をめくりきってしまうプロセスを一気に20~50冊行う
 というもの。
 これもやはりページ数は200ページほどの本であるということが前提となっている。

 さて午前中、まずは3冊。
 昨日と同じように、1冊目、見開きを6秒ずつかけて、順にページをめくっていく。
 終わりまで行ったら、頭に戻り、今度は見開きを3秒でめくっていく。
 最後にもう一度、今度は見開き1秒ずつ・・・。

 昨日もうまくできなかったことだが、見開き1秒でリズミカルにページをめくっていくというのは、なかなか難しい。そんなスピードでページをめくるのは、慣れが重要だということに気づく。しかも紙質の「重い」ものだと、1枚の紙をこちらに持ってくることすら厳しい。

 まあ、そんなこんなで、9時には終わるはずの1クールが、10時まで・・・想定の2倍=2時間もかかってしまった。それでも、昨日は9冊やろうとしていたのが6冊で終わってしまい、う~ん残念、と思っていたので、今日は時間はかかったものの「規定」の3冊はやり終えることができた。

 取り組んだ本は以下の3冊。
 『ドラッカーに学ぶマネジメント入門』片山又一郎
  これは、昨日読んだ6冊の本のエキスを抽出したような本だった。結構面白かったが、やや理論中心に感じられた。

 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』岩崎夏海
  超有名な本で、著者は去年か一昨年の紅白歌合戦の審査委員にもなっておられた。
  なかなか感動的な物語で、途中2度ほど涙が出た。

 『コークの味は国ごとに違うべきか』パンカジ・ゲマワット
  トーマス・フリードマンの『フラット化する世界』(未読です!)の論調に反対の立場で書かれているそうで、例えば、日本のコカ・コーラは米国本社と違う戦略で日本市場に向き合うことで、他のアジア諸国と中東の合計を上回る利益を上げている、とか、ウォールマートは外国ではあまり儲けていない、とか、CAGE分析という手法で分析すると、世界でビジネスする時の留意点がわかる、などのことが書いてあり、面白かった。
 世界の市場やマーケティング手法に、定型の勝ちパターンなどない、ということを主張している。


 さて、石井さん曰く、午後の<ワンミニッツ・リーディング>を一気に20~50冊やれば、本当に1冊1分間が当たり前になっている、という。本のなかの大切な部分を感じ取れるようになり、大切なページに折り目が付いているようになる(ここは大切だと感じたところで、その都度ページの角を折っていくため)、のだそうだ。

 ということで、午後1時。
 予定は1時間。
 1時間あれば、30冊程度は行けるだろう、と踏んでの計画であった。
 ここでまたあちゃーと思ったことだが、やはり400ページものだとか、ページをめくりにくい本などがあり、1時間で最低20冊、できれば30冊かそれ以上、と思って始めたのだが、結局3時間半かかって22冊。
 途中、町内の来客、電話、宅配便、宗教の訪問勧誘など、入れ替わり立ち代りがあったことも影響しているけれど、ちょっと時間がかかりすぎだった。しかも内容やキーワードが頭に入った感じがどうもしない。

 ま、1ページ1秒でめくっていく、というのは相当熟練しないと、難しいということだろうし、ページの多いものは、それだけの時間がかかるということを理解しておけば良いと思う。

 ちなみに午後取り組んだ本は以下のとおり。

 『コトラー ソーシャル・マーケティング』フィリップ・コトラー他
 『コトラー 新・マーケティング原論』フィリップ・コトラー
 『コトラーの戦略的マーケティング』フィリップ・コトラー
 『日本と世界はこう激変する 大恐慌終息へ!?』長谷川慶太郎,三橋貴明
 『世界に響け職人の心意気~ITを武器にものづくり復権を目指す、小さな組子メーカーの生き方~』谷端信夫
 『ザ・ゴール』エリヤフ・ゴールドラット
 『ザ・ゴール2』エリヤフ・ゴールドラット
 『クリティカルチェーン』エリヤフ・ゴールドラット
 『ザ・チョイス』エリヤフ・ゴールドラット
 『ザ・クリスタルボール』エリヤフ・ゴールドラット
 『ゴールドラット博士の論理思考プロセス』H.ウイリアム デトマー
 『これからの「正義」の話をしよう』マイケル・サンデル
 『バブルの物語―暴落の前に天才がいる』ジョン・ケネス ガルブレイス
 『大暴落1929 (日経BPクラシックス) 』ジョン・ケネス ガルブレイス
 『アメリカの歴史的危機で円・ドルはどうなる』 日高義樹
 『ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ』 ジェイ・エリオット,ウィリアム・L・サイモン
 『ユダヤ人に学ぶ速学術』 濱野成秋
 『史上最高のセミナー ポケット版』マイク リットマン,ジェイソン オーマン
 『日本中枢の崩壊』古賀 茂明
 『2012年長谷川慶太郎の大局を読む』長谷川慶太郎
 『ストーリーとしての競争戦略』楠木 建
 『検屍官 (講談社文庫)』パトリシア・コーンウェル


 石井貴士さん曰く、これで終わったらだめなのだそうである。
 ページをパッパとめくるのには、慣れが必要である。
 感じ取る力も、慣れが必要である。
 20分×3セットを毎日、3ヶ月継続すれば「ワンミニッツ・リーディング」をより完璧にすることができるのだそうだ。

 今のところ、「ワン・ミニッツ」だけよりも、6秒かけて見開き⇒3秒かけて見開き⇒1秒でめくっていく、というプロセスをやった方が情報がちゃんと頭に入っているような実感がある。
 しかし本来のこの技法の目的は、文字情報で頭で(左脳で)理解するのではなく、文字群を絵的に右脳でつかみ取る、ということだと思うので、22冊の本を読んだ実感がなくて当然なのであり、「頭に入った実感」というのはまだ本質に至っていないのかも知れない。
 それじゃあ使えないのでは?という疑問が頭をもたげてくるが、やり方は理解できたので、この先20分×3セット=60分の訓練を続けてみて、どんな世界が開けるか、お楽しみということにしよう。
 こういうものはスキルなので、継続して定着させることが大事だ。

 面白い技法を学ばせてもらった。

石井貴士さんの「1分間勉強法」を実践してみた(前半)

 この連休後半は、珍しくまとまった時間が確保できそうだったので、集中して「脳力」開発に充ててみようと思っていた。
 石井貴士さんの『1分間勉強法』は数年前に読んだ本だが、ノウハウ自体は、フォトリーディングと似たものであろうと思っていた。
 フォトリーディングは、いくつかの手続きがあって、きちんとやろうと思うと、それなりに時間がかかる。
 対して石井さんのノウハウは<本当に一冊1分で本が読める>と書いてあり、しかも至って簡単なやり方である。
 しかし習得するには、2日間のトレーニングが必要である、とも書いてある。
 そのため、思いはありながらも、なかなかできずにいた。

 その時間が今回ようやく確保できた。
 昨日から今日にかけて、それを中心に時間割を組んだ。


 本当は直接教わった方が、本に文字として表れていない実践的なことも体感できるからいいのだろうが、富山県に住んでいては、とても東京など大都市で行われるセミナーには参加できない。
 本に書いてあるとおり、やるしかない。
 本に書いてあるとおりのやり方はとても簡単である。

 初日。
 午前8時から開始した。
 まず1冊の本を、右ページ3秒眺め、左ページ3秒眺め、3秒目でページをめくる。
 これを最後まで一気に通す。都合10分間。
 次に、同じ本で、今度は右ページ1秒眺め、左ページ1秒眺め、次の1秒でページをめくる。
 これを最後まで一気に通す。都合5分間。
 さらに、同じ本で、今度は見開きを1秒で眺め、その1秒の時間中にページをめくる。
 これを最後まで一気に通す。都合1分間。
 以上で、16分間。
 その後4分間休憩する。
 合計20分でワンセット。


 本をめくる時のやり方は、右手で本を持ち、左手でめくっていく。
 できれば他の本を机の上に台にして斜め45度ぐらいで見るのがいい。
 あくまでながめるだけにして、文字を読まない。絵として眺める感じ。

 このやり方はトニー・ブザン氏の<フォト・リーディング>に極めて近い。

 このワンセットを、本を変えて合計3セット行う。

 石井さんの本には「200ページぐらいの本」を使うと、ワンセット20分(休憩含め)でできると書いてある。計算上はそうだ。

 3セット行ったら、疲れるので30分休憩する。
 そこまでが1クール。時間は合計90分である。

 この90分クールを3回行う。
 私の場合、8時から始めたので、午後0時半には9冊の本を読んで、終わる計算である。

 ドラッカー関係の本9冊を用意して取り組んだ。
 200ページぐらいで計算されている時間割なのに、なんと、260ページから400ページ近くあるものまで用意してしまった。
 そのため、途中で眠くなって臨時休憩を入れたり、時間も予定を大幅に超えたりで、結局6冊(2/3)しか実施できないままに予定の0時半をさらに1時間も上回ってしまった。

 初日に取り組んだ本は以下の6冊である。

 『プロフェッショナルの条件』P.F.ドラッカー
 『チェンジ・リーダーの条件』P.F.ドラッカー
 『イノベーターの条件』P.F.ドラッカー
 『新しい現実』P.F.ドラッカー
 『ポスト資本主義社会』P.F.ドラッカー
 『すでに起こった現実』P.F.ドラッカー

 今年22歳になる上の子どもが生まれた年に買った本もあり(ほとんど「積ん読」状態だった!)、そういうものも含めて、通読し、なんとなく、ではあるが、キーワードを印象に残すことができたのは大きな収穫だと思う。
 この手法を30年前に獲得しておれば、読まない本の山などなかったのではなかろうか、と思う。
(この時点では、まだ1分間で本1冊という段階ではないものの、30分程度で本を3回繰り返しめくっていくことで、色んな情報が得られることまではスキルアップした、と居える)

 さて2日目・・・の首尾は次稿で。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。