中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東川仁さんの『仕事につながる人脈術』

 正しくは『依頼の絶えないコンサル・士業の 仕事につながる人脈術』という書名である。
 東川仁さんという士業で独立をする人たちのためのコンサルをすることを生業とされている方の著作だ。

 たまたま「企業診断」という雑誌でセルフブランディングというテーマの特集を読んだ勢いで、会社勤め=組織人といえども自己のブランディングは大切だと思いながら、その勢いで、先日購入したこの本を読んだ。

 自分を売る、ということは、およそ客商売をする仕事である以上、欠かせないものである。
 もちろん、組織に属している以上は、その組織の価値観を共有し、それをお客様や仕入先に対しても伝えている使命があるし、それに共感していただいた人や組織と一緒に仕事をしていくべきものである。
 ではあるが、組織の一員としながらも、お客様は単にコーポレイトブランドだけを買うわけではない。
 店頭売りの商品ならいざ知らず、金融サービスや耐久消費財、生産財などは、対面販売であり、セールス担当者から買うことが多い。つまり、「人」が購買を決定する要素の一つであるこおてゃ間違いない。

 といったような文脈を踏まえ、この本は、とても具体的で実践的で刺激に満ちた内容満載であった。
 例をいくつか。

 ・オリジナルのポストカードを作る。
 ・事務所便り=自分ニュースを作る。
 ・きどにたてかけし衣食住(これは世間話の常套手段)
 ・自分のほめられた経験=それが自分の強みであり、それらをしっかり意識することが大切
 ・ナナメ人脈の活用、ナナメ人脈とは、業種も年齢も違う層の人々である
 ・人脈つくりとは、畢竟、周りの人を大切にすることである

 などなど、ためになることが大変多い本であった。


スポンサーサイト

モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方

 ずっとシステム手帳を使ってきた。
 学生時代から就職してしばらくは「能率手帳」だった。
 が、普通に忙しくなってからはシステム手帳の愛用者となった。
 途中、野口悠紀雄さんの「超」整理手帳を手に取ったり、A5ノートの利便性にはまったりしてきたが、手帳本来の携帯性と柔軟性の両方を兼ね備えたシステム手帳(リフィルの入替で、たとえば1ページに1日分しか書けないスケジューラを使うこともできれば、それほど分刻みのスケジュールでなければ1週間分が1ページに入ったスケジューラでもいい、という柔軟性がある)に最後は軍配が上がった。

 しかし2年ほど前から気になっていたのが、この「モレスキンノート」である。
 まず本を買った。

 この本も、出版されて間もなく、書店で立ち読みをし、その後もずっと気になっていた本だ。
 気になる気になるがどんどん昂じて、やっぱりあの本を買わなきゃ、と思い、先週購入。

 内容は、モレスキンに限らず、およそ手帳の使い方として考えられる色々な活用方法が書いてある。
 手帳好きにとっては大変面白い活用方法満載の本である。
 で、先週末、遂に文具店に行き、モレスキンノート(という名の手帳)を買い求めた次第。

 最初に買ったのは方眼状のタイプである。
 これに「ローディア」のメモを貼ったり、普通に書き込みをしたりしている。
 最近の朝の日課は、日経新聞に載っている気になる単語をさらりと書き付けるという営みである。
 立ったままでメモ帳に書き込みができるのがこのモレスキンノートの大きな強みだ。

 しかしスケジュール管理については、従来のシステム手帳を相変わらず持っている。
 私は元来仕事もプライベートも一つのスケジューラ・一つの手帳で管理してきた。
 となると、現在のシステム手帳+モレスキンノートというのはやりにくくてしょうがない。
 というわけで、最近発売になったらしいモレスキンの18ヶ月ダイアリータイプのものを注文した。
 さて、今回のモレスキントライアルは、これまで時折やっていた「浮気」に終わるか、それとも本格的にシステム手帳からの卒業となるか、1年半後が楽しみである。

決算書分析の入門書『 「俯瞰」でわかる決算書』

 著者は中村亨という方で、どうやら富山県出身らしい。
 私より随分若いのだが、とてもわかりやすい本である。
 職場の先輩から、決算書の分析、資料作りはこんなふうにやって欲しい、ついては是非一読を、とのお薦めを受けてアマゾンで購入して読んだ。
 とても読みやすく、わかりやすい本だ。
 詳細な分析を好む人にとってはかなり物足りないかも知れないが、細かなところばかり見すぎて、「森」が見えなくなってきたあたりの私にとっては新鮮で良かった。
 物事はまずは大掴みから入る、という原則が大切である。

 PL(損益計算書)は、粗莉、営業利益、経常利益、これらを経年比較、同業種他社比較をして、特徴を掴み、そこから気になる大きな数字を深堀する。
 情報技術の世界でいう「ドリルダウン」である。

 BS(貸借対照表)は純資産、固定負債、流動負債と流動資産、固定資産をブロック(固まり)としてイメージし、返済がしやすい資産状況かどうかを判断する。
 但し、資産の中には不良資産が混じっていることがあるので、棚卸資産の信憑性、貸付金の回収可能性や投資資産の本当の資産価値など、大きな数字などはしっかり中身を把握して実態を掴む必要がある。

 CF(キャッシュフロー)は、営業CF、投資CF、財務CFの順に見ていく。
 営業:+、投資:-、財務:-、という感じがいいのだが、企業の成長段階で必ずしもそうでなければならないということはなく、対象企業が、いわゆるライフサイクル上のどこに位置するかを考えながら、CFを見る、という視点が大切。

 そんな基本を再認識させてくれる良書であった。


徳川家康の深い言葉

 徳川家康の言葉だそうです。

 滅びる原因は、自らの内にある。
 重荷が人をつくる。身軽足軽では人は出来ぬ。
 世におそろしいのは、勇者ではなく、臆病者だ。
 大事を成し遂げようとする者は、本筋以外のことはすべて荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。
 最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。

カーネギーや中国古典や最近流行の成功本などにも共通して書いてあるような、人間と人生に精通した人だからこそ言える、深遠な言葉だと思います。

今年は資格試験オンパレードの年

 今度の日曜を皮切りに、9月までの間に4つの資格試験を受けなければならない。
 しかも「受からなければ」ならない。
 既に4月には「システム監査技術者」という難関の試験にチャレンジした。これは大変な試験だった。勉強不足を痛感した一日だった。過去のトライの結果はともかく、今後の4つの試験は受からなくてはならない。

 まず今度の日曜に受けるのは「医療経営士3級」というもので、いわゆるコンサル的な資格だ。
 コンサル的な資格は色々応用も効くと思うし、学習していて楽しい。
 しかし、その後の3連発は「証券外務員」(二種、一種、内部監査員)という営業的な資格である。
 しかも必ずしも好んで受けるわけではないので、幾分「行(ぎょう)」のように受け止めている。

 受験勉強中は、好きなこと・やりたいことは最小限にしなければ合格はおぼつかない。
 既に3月頃からそれでなくともストイックな日々がずっと続いている。

 とはいえ、今年のように沢山受験する機会がある年はそうそうないだろう。
 この受験受験の一年、そして学びとして与えられていること自体も、何者かのお導きであろう。
 そう観じ、学べることを楽しんで参ろうと思う。
(心の底では、もうちょっと好きな本を読んだり人と会ったりしたいのになあと叫んでいる自分がいるにはいるが・・・)

人材育成に関する雑感

世の中には、相手の考えの背景や理由を聞きもせずに、自分の論理で相手の考えをけなし、あなたには××の資格はないと罵倒し、上から一方的に指弾することで相手の反論や喋る気力を封殺し、意気消沈させてしまう、意気消沈しつつも「なにくそ」と気力を振り絞って這い上がってくる人間だけを取り立てる、という指導法・人材育成法があるようだ。
 だめならやめますわ、とテーブルを立ってしまえば出世に響くと不安に思い、ほとんどの組織人は従順にそのやり方に従ってしまう。

 そういう人材育成の方法もあるのだろうが、そのように人をけなし罵倒しプライドを引き剥がすやり方は、一方では日常的にうつ病の人を作る危険性も孕んでいるのではないだろうか。
 心の病(脳のストレスという言い方もあるようだが)になる人は、そもそもウチの会社には縁のなかった人、と割り切ってしまえるものではないはず。
 ご縁あって仲間になったのだから、もっと人(の心、気持ち、考えの背景など)を大切に扱うべきである。
 そういうとすぐに「甘やかしは人をだめにする」と、すぐに「甘やかし」という言葉で攻撃する人がいるが、なんでもかんでも「甘やかしはだめ」という言い方で片付けるのは、自分の短気や思慮の浅さをすり替える、逃げなのではないだろうか。

 どういう指導法・育成法がいいのか、全ての場合に通用する正しいやり方というものはないのかも知れない。
 しかし、何か発言があれば、その背景を思料する、又は確認し、こちらの考えや前提をきちんと伝え、その上で認識のギャップや検討不足があればそれを注意し、正していけばいいのである。
 そんな時間を取ることが、人の育成・教育には必要ではなかろうか。
 最近のITの発達によって、営業担当者が目の前にいる上司に対して、SFAを使って今日の顧客訪問の結果を報告する、上司はその記録をパソコンの画面を見て「ご苦労さん、次回は○○をしてさらに深堀をして下さい」などど指示する、なんてアホな現実の異常さについては、既に10年ほど前から指摘されている。
 形式知の問題はそれでいいとしても、部下に対する指導はこれじゃ話しにならない。ちゃんと声をかけ、目を見て、言葉を聴いて指示・指導するべきである。

 「人格に配慮した対応」と「甘やかし」、区別がつきにくいかも知れないが、自分がそのような対応をされたらどうか、と考えれば、それほど判別のつかないものではないと思う。
 人材育成については、10年ほど前に仕事で携わったこともあるし、学生時代はJ.ピアジェや波多野宜余夫さんなど教育心理学も学んだことがあるため、色々思うところがある、今後とも課題にして取り組んで行きたいものだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。