中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の「春」

 春分の日を迎え、我が家では、4月からの子どもたちの進む道がようやく決まった。

 上の子は、富山市にある私立大学で、教員養成の学部に進む。新設学部だ。学力のレベルははっきり言って大変低いが、新しく作られた学部であり、学校としても力を入れて行くだろう。しかし何よりも本人がこれから真剣に自分のなりたい職業に向かって現実的な努力をすることが必要だ。親があれこれ心配して与えるのではなく、自ら必要なものを先取りして獲得していくようになってもらわなければならない。

 下の子も、富山市にある私立高校。県立の普通科に入る力がないと判定され、かといって職業科には行きたくないということで、県立の願書を出す少し前に意思決定(県立は受験しないと)した。蓋を開けると、定員に満たない県立普通科もあったため、ありゃあと思ったが、それはやむを得ない。大学に行きたい、と今頃言っているありさまではあるが、進学に関して熱心な学校だし、塾も続けて自分の不足点を補って行きたいと言っているので、塾の先生にも個別のプログラムをお願いしたところであり、親としてできる限りのバックアップをしていきたい。


 ピリピリしていた1年間が過ぎたわけだが、ピリピリしていたのは私と妻と双方の両親。
 子どもたちはどこ吹く風、であったように思う。
 親の立場からすれば満足の行く結果にはならなかったし、子どもたちも志望校を落とし続けなければならなかったので精神的にはしんどかっただろう。また、これからの彼らの人生を考えたらまだまだ不安で一杯だが、過ぎ去った時間はどうにもならない。
 前を向いて生きていくしかない。

 二人とも十代。
 一人立ちをした後に、どんな人生が待ち受けているかわからない。
 幸い、荒波にもまれていく手前の、まだモラトリアムの時間だ。
 少しでも荒波の手前で、波への対応力を持たせたい。
 そのために、本物の学力、生きる力をつけてもらいたいと思っているが、マンガとゲームではそれは覚束ない。
 そういうことに、上から押し付けずに気づかせることが、5年間仕事にかまけて子育てから逃げてきた私の責務ではないかと思う。

 しかし、すっかり自我も確立しているようなこの子らにどうやって気づかせたら良いものか。
 口やかましく言えば言うほど、心は遠のいてしまう。
 かと言って何も言わなければなかなか伝わらない。(背中で教える、というのはやってきたつもりだが効果があったとは思えず、そのため結局口やかましくなってしまった・・・)
 彼らと接触する時間を少しでも持ち、お互いに色々と話をしていくこととに尽きるのではないか。
 やれるだけやろうと思う。
 前を向いて進もう。

春の芽生え
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。