中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムイについて

 田中優子教授の著書に『カムイ伝講義』(小学館)というのがある。
 まだ読んではいないが、白土三平の「カムイ伝」を大学の授業で使った際の講義録らしい。
 カムイと言えば、私にとっては「カムイ外伝」である。
 子どもの頃、テレビで見た。
 「外伝」は忍者ものであり、サスケなどと同じように、子ども向けであったが、それでも「サスケ」よりは少し難易度が高く、難しいなあと思ったものだが、「カムイ伝」は「外伝」よりもさらに政治的な意味合いが濃く、江戸時代の穢多非人を扱ったものらしい。
 確かに、子どもにまで広くポピュラーになる内容ではなかったかも知れない。

 ところで、カムイというのは、どこかで聞いたが、カミのことらしい。
 カミ、すなわち、神である。
 カムイ族(?)は神の子孫だということのようだ。

 そういえば、役小角=役行者は、役公(えだちのきみ)と言う山の民族のリーダーであり、彼らも神の子孫だと言っていたような気がする。(黒須紀一郎氏の著作だったか)

 してみると、日本には色んな神があり、それら神の末裔たちの争いが行われていく中で、敗れて行ったグループたちが、その力を発揮できないように、時の権力者たちからおとしめられてきたのかも知れない。

 大人の目で「カムイ伝」を見てみないといけないかも。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。