中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネージャーとしての責任のようなもの

 今行っている会社では、販売推進という仕事をしている。
 色んな商品の販売を、様々な流通チャネルを通じてどうやって販売していくか、について、計画から進捗管理、施策による支援など、色んなことをしている。
 これまで、上司もその上の上司も、私がそういう全体を見る立場のために、流通チャネルのマネージャーに言うべきこと、各マネージャーの責任範囲のことまで私に指示することが多かった。
 そのため、各マネージャーは自分の職掌であるにも関わらず、自分のことではないような受け止め方をしており、販売目標の数字に関しても、なんだか与えられたもので責任をもって数字に執着して取り組まなくても、また結果が伴わなくても別にかまわないと思っているとしか思えないような言動が感じられた。

 この仕事を2年やってきて、各マネージャーが自分の責任範囲のことを自分の言葉で語らなかったことがもどかしかった。
 部下への指導もあまり事細かに行っていたとは思えず、いい子ちゃん課長をやっているのが見えていた。
 しかし上司の手前、彼らを非難するとこちらに全部倍返しで返ってきたので、それもできず悶々としていた。
 ここへきて、彼らのマネジメントが手ぬるいのではないかということに、上の人たちが気づき始め、ものの言い方、接し方が厳しくなってきた。

 私も辞める間際になって歯に衣着せず、はっきりと彼らに批判を加えるようになってきた。
 今日の会議では、初めて彼らが自分の言葉で自分の職掌範囲を責任をもって取り組むというものの言い方になってきた。
 それも、複数のマネージャーが一斉に、である。
 ようやくマネージャーがちゃんとマネジメントする意思を見せてきた。
 ここまでくるのになんと2年もかかった。

 この職場での私の仕事がようやく終わった、という感じである。
 これでこの職場は今までと変わり、少しはボトムアップができ、全体的に盛り上がっていくと思われる。マネージャーが自己責任を認識し、しっかりすれば、良い組織になるはずだ。
 もっと手早く彼らを変革できなかったものか、という悔いはある。
 自分の取組方が誤っていたのではないかという反省はしなくてはならない。
 しかし過ぎたことは取り返しがつかない。
 今後のために、自分のやり方、人への接し方の厳しさ・甘さ、色んなことを振り返り、今後の人生の糧にしたい。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。