中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトリーディング試行

 会社の同僚の計らいで、会社を一日休んだ。
 ほぼ休養に充てたが、折角の機会なので、合間を見てフォトリーディングで本を2冊読んだ。
 手始めに練習用として、軽めのビジネス書を選んだ。

 やり方の思い出しをしたり、途中休憩を挟んだりしたこともあったが、フォトリーディングの全行程だけで、2冊分合計すると5時間ぐらいかかったのではないか。
 これでは、普通に読むのと変わらないではないか・・・。
 まあ、まだまだ慣れていないからかも知れないが。

 どこで時間がかかったか。
 最初の「準備」や「予習」「フォトリーディング」の部分は順調に淡々とできたのだが、その後の「復習」さらに「活性化」のプロセスで時間がかかってしまった。
 特に「活性化」である。
 研修では20分ほどで、拾い読みとマインドマップへの展開を行うのだが、実際に自分でやると、時間が沢山あるという甘えもあってか、1時間半から2時間ぐらいかかる。
 「活性化」をいかにスピーディーに行うかが、大変であり、大事だ。

 重要な単語である「トリガーワード」を瞬時にページから抜き取り、的確な質問を作りそれを脳裏に焼き付けてページを繰り、質問の答を見つけてマインドマップにスピーディーに展開していく・・・これらがまだまだトレーニングを積んで伸ばしていかなければならない課題だ。

 色々な技術があるが、とにかく、単なる早読みではない。
 早く読む工程だけを磨くのではなく、本から情報を得て活用するための総合的な技術がフォトリーディングのホール・マインド・システムと言われる一連の技術である。
 色々な技術を総合的に組み合わせて活用することで、本をスピーディーに読み、その内容をより良く、より効率的に活用することができるのだと思う。そして恐らくその技術の集合も日々進化したり、新しい技術が付け足されたりしているのだろう。

 ただ、今日フォトリーディングしたページの数々は、集中してリラックスしたおかげで潜在意識にしっかりと焼き付けられたのだから、後はそれを信じて必要なときに随時取り出し、活用していくだけだ。

 さあ寝る前にもう一冊脳に放り込んでおこうかな。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。