中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本清張『ゼロの焦点』

 次男の買っているテレビ番組の雑誌を見ていたら、松本清張氏の『ゼロの焦点』が映画になって近く公開されるとの広告が載っていた。
 う~ん、久しぶりにサスペンスでも読んでみるか、と思い、早速購入した。
 ちなみにカッパノベルスでなんと500円という価格で売っていた。(文庫本より安かった!)

 フォトリーディングを使って読んでみた。
 フォト・・・をやっている間はとにかく脳ミソに直接放り込む感じなので、内容を理解しているのかどうかも全然わからない。
 終わってすぐに「スピードリーディング」という手法で追読した。
 日頃ビジネス書類ばかり見ているせいか、小説はスピーディーに読める。
 途中用事が入ったりして断絶はあったものの、大体1時間ちょっとで読み終わったのではないか。

 昭和34年というから、50年前の推理小説である。
 しかし、時代背景を別にすれば、全然古臭くない。
 西村京太郎も内田康夫もかすむくらいの感じだ。
 面白かった。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。