中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』

 長いことかかった。
 たぶん、上下2冊を読み終わるのに4年ぐらいかかったのではないか。
 原因はひとえに私の遅読でしかない。

 夜寝る時に、時々開いては1ページか2ページ、多いときには1節ぐらいか。
 そんなことで、ようやく、この本を読み終えた。
 意外な結末だった。
 「世界の終わり」の主人公と「ハードボイルド・ワンダーランド」の主人公は、たぶん、前者が眠りにつき、その夢の中の世界での出来事が後者なのだろうと思うが、いずれにしても、相当な物語である。
 最後に夢の中から現実の世界に戻ろうという刹那、影だけが戻って、本人は結局夢の中に残ってしまう。
 同じ一人の人間の、本体と影が別々に生き別れてしまうというのは、いったいどういうことだろうか。
 物語だからいいのかな?とか色々思うが、ともかく、妙な終わり方の物語である。
 しかもこれだけのページ数がありながら、登場人物がとても少ない。
 実質、ほとんど4人か5人がメインで、あとの人物にしても数人しかおらず、それらの人の登場シーンはほどんどない。
 深い感動・・・ではない。
 でも何かが残る物語だった。
 まあ、面白かった。(しかし4年かけて読むものではない。村上春樹さん、すみません)



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。