中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の病状そのx

 父が死地から帰ってきた。
 先日酸素マスクが取れ、次いで点滴がはずされた。
 38度から39度台の高熱が3~4週間も続き、糖尿病が悪化して肺炎を併発し、挙句の果てには心拍数が30まで落ちてもうだめかも・・・と言っていたのが嘘のようだ。

 昨日医師から胃瘻(いろう)について説明を受け、実施してもらうことにした。
 胃に穴を空け、そこから栄養分を入れるための手術である。
 口からものを食べることができない現状からすれば、カロリーを得るため、鼻から胃までのパイプをつけたままで行くか、時々肩口から太い血管に直接注射を打つか、といった方法があるようだが、現時点では胃に穴を空けるのが一番いいようだ。
 父がわかるかわからないかは不明だが、一応話しをした。
 「医者にまかせる」というようなことをモゴモゴと言っていたので、わかったのかも知れない。

 良いに悪いはつきもので、意識が戻ってくると、自分の置かれている状態の悪さにも気がつくようだ。
 今日、母に言った言葉。

 「オレはこれからどうやって生きていったらいいのか」

 ・・・確かに。
 歩けるわけではない。半身不随。
 言葉も明瞭には発せられない。
 口からものを食べることができない。
 そんな状態では「どうやって生きていったらいいのか」と言いたくもなる。

 「いっそ死にたい・・・」
 
 懸命に看病してここまで立ち直ったかと思ったらそんなセリフを。
 母の苦い気持ちが伝わってくる。
 折角拾った命を、と思うのだが、本人がそう思うのは仕方がない。

 我々としては、残された脳の機能で潰れた部分の機能が少しでも補われ、何か一つでも機能が改善されるよう祈るしかない。
 本人には自分の力を信じてリハビリに取り組んでもらいたい。
 希望を捨てないことだ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。