中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墨子

 まだまだ途中もいいところだが、墨子を読んでいる。
 ずっと以前に、酒見 賢一さんの『墨攻』という小説を読んだが、大変わくわくする素晴らしい小説だった。
 それ以来、墨子が気になってしょうがない。

 公輸盤という人物がいる。
 この人が、ある国で「雲梯」という、はしご車のような攻城用の武器を開発した。
 それで攻められると面倒なので、墨子がその人を説得に出かけた。
 墨子は論を尽くして「お前は間違っている」ということをわからせた。
 ところが、その上司(国王)がうんと言わない。
 それでも墨子は説得し尽くして、理ではわからせるところまで話を詰めた。
 にもかかわらず、国王は、攻めると言う。

 墨子は仕方なく、机上で「雲梯」で攻められた場合の対応策を見せてみた。
 何度も攻めるが、墨子の対応策にかなわない。
 公輸盤は墨子を殺せば対応策ができないだろうと想定する。
 墨子は、それがわかっていて、最後の手段は俺をこの場で殺すことだろう、と言う。

 そうすれば、「雲梯」への対抗は水の泡となるだろう。
 しかし墨子はさらにその上を行っている。
 ここで墨子を殺しても、部下に対抗策をすべて伝授してあるので、何の意味もなさないことを伝える。
 遂に公輸盤と国王はその国を攻めることを断念し、墨子も解放される。

 これが、非攻、というものであるようだ。
 紀元前400年の世界に、こういうすごいことが行われていた、ということが驚きだ。
 いかなる知恵か。

 もっと墨子のことを学ばねばと思う。
 残念ながら、秦が中国を統一して以降は、この人たちの活躍する場がなくなってしまったようではあるが、なんとなく、五斗米道など道教的な集団には伝播していったのではないか・・・。
 そう考えるとロマンが生まれる。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。