中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万城目学氏の『鹿男あをによし』

 チャック・マンジョーネというミュージシャンがいる。
 Feel so goodという曲で一世を風靡したトランペッターである。
 オリンピックのテーマソングなどにも使われたのではなかったか。

 万城目 学
 という名前を見たときに、まず思ったのは、そのチャック・マンジョーネの名前であった。
 マンジョーメ マナブ
 だと思ったからである。

 本の奥付を見て
 マンジョーメ
 ではないことがわかった。

 マキメとお読みするらしい。
 大変失礼した。

 前から気になっていた。
 それもタイトルが『鴨川』だとか『あをによし』だとか、京都・奈良に関係ありそうなものが多く、いやがうえにも私の関心を強く惹きつけて来た。
 ハードカバーではちょっと手が出にくかったが、先週書店に行ったら文庫本が出ていたので、思わず買ってしまった。
 週末の二日間で400ページのうちの250ページほどを読んだ。
 はじめちょろちょろだったが、なんだかとても面白そうなので、一気にペラペラとページをめくるスピードが速くなった。

 とにかく面白い。
 奇想天外という点では筒井康隆に似ている?と思ったが、だいぶん違う。
 神の使いである鹿がしゃべり、鹿島大明神とつながり、つまり藤原氏の流れが根底に流れていたり、関東と関西にわたって地下に大なまずがいるという話があったり、そいつが暴れるために富士山まで噴火するという話があったり、それを鎮めるために卑弥呼がおまじないをかけていたり、などなど、現代から瞬時に超古代に想像がふくらんだり・・・奈良ならではのストーリー展開である。
 こんな面白い小説を書く人がいるんだなあと感心した。

 それ以上に、私にとっては、奈良の中心部が全編を通じて織り込まれており、景色を思い浮かべながら読めたのが何より楽しかった。
 東大寺の各所、大仏殿、猿沢池、平城旧跡などなど。
 加えて、奈良に留まらず、京都・岡崎の京都動物園まで出してくれたのは、この人のサービス精神と言おうか。

 堀田イトという女学生の存在感。
 これがまた凄い。
 ボーイッシュだが可憐さもあり、初々しく、しかも強い。
 少女らしい悩み方も愛らしく、思春期の乙女がきっちり描きこまれていると思った。

 読んでから知ったのだが、2年前にフジテレビでテレビ化までされているとのこと。
 主人公が玉木宏さんで、件の堀田イトの役を多部未華子さん。
 ピッタリだと思う。
 誰がこんな配役を思いついたのかわからないが、うってつけの配役である。
 機会があればDVDも見てみよう。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Re: タイトルなし

 是非読んでみて下さい。
 百太郎さんが奈良好き、SF好き、古代史好きな方で、ハチャメチャに嫌悪感を抱かない方なら、お薦めです。
 ちなみに私は『鴨川ホルモー』を読み始めています。

> はじめまして☆
>
> 百太郎と申します☆
>
> 私もよく本を読むのですが、
> ほとんど自己啓発本ばっかりでした。
> でも一通りいろんな種類の自己啓発本を読み終えたので、
> 最近は小説にも手を出してます☆
> 「鹿男あをによし」、読んでみますね☆

K-Office | URL | 2010年08月01日(Sun)22:19 [EDIT]


はじめまして☆

百太郎と申します☆

私もよく本を読むのですが、
ほとんど自己啓発本ばっかりでした。
でも一通りいろんな種類の自己啓発本を読み終えたので、
最近は小説にも手を出してます☆
「鹿男あをによし」、読んでみますね☆

百太郎 | URL | 2010年08月01日(Sun)21:32 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。