中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪をエネルギーにしよう

 ここ富山で本格的な雪が降り出して今日で三日目になる。
 いよいよ冬の到来だ。
 この季節は車で移動するのにも気を使う。
 道路の積雪状態、それに伴う車の立ち往生や事故などによる交通障害、視界の悪さ。
 その他、色々な事情で普通とは全く異なる所用時間がかかる場合がある。
 毎年のことなので、慣れてはいるが、この季節の問題点を克服することが(なくす、という意味ではない)、富山のさらなる活性化につながるはずだ。
 たとえば、雪エネルギー変換のようなことができないものか。

 今日、テレビに佐賀県武雄市の樋渡市長が出ておられた。
 どこかで見た顔だなあと最初眺めていたら、「樋渡」というお名前がテロップで出たので思い出した。
 大阪府高槻市の情報通信政策のトップを務めておられた方だ。
 当時は総務省からの出向だったと思うが、あれから7年ほど経つだろうか。
 見事な転進ぶりだ。
 やはり総務省や自治省というところは、ある程度のランクに行ったら、地元の首長で錦を飾るというコースなのかも知れない。
 が、この樋渡市長の場合は、それで人生の最後を飾るという感じではなさそうだ。
 とても熱く地域活性化のことを語っておられた。
 これから色んなことをなさっていくのだろうし、地域行政のリーダーの一人としてご活躍されるであろう。
 今後のご活躍をお祈りしたい。

 さて翻って我が富山。
 富山市は森市長が頑張っておられる。
 上述のような、交通障害の克服策も色々着手しておられるが、県内の動きは必ずしも一様ではないように感じる。
 さらに英知を結集して、マイナスをプラスに変える取組をしていかねばならない。
 そういえば、昨日の新聞に「京セラが積雪にも対応できるソーラーパネルを開発した」との記事が載っていた。
 富山からもそういうことを発信していかなければ。
 スキーと温泉だけでは限度がある。
 もっともっと色んなアイディアが必要だ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。