中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の我が家の方針

 2011年、平成23年が明け、恒例により子どもたちへの訓示を垂れた。
 年等の挨拶では、彼らの3代前の先祖について紹介した。
 と言っても私もよくわからないため、ところどころ母に補足してもらいながらだが。

 3代前の先祖というのは、彼らの両親(つまり私と妻)からすれば、じいさんばあさんたちである。
 が、意外と私たち自身、祖父母のことすらよく知らないことに気づいた。
 年末に急ごしらえで、母や妻に質問して、なんとなく概要ぐらいは話せるようになった。
 簡単な家計図をメモして、自分の頭の中を整理して子どもたちに語った。

 当たり前のことだが、3代前は8つの苗字の人々がいる。
 私たちが普段接している親戚はせいぜい4つの苗字ぐらいだろうか。
 ちょっと遡るとそれだけ多くの親戚があるはずなのである。
 もう少し親戚や先祖ということについて、自分のものにしていかなければならないなあと思った。

 さて今年の我が家の基本方針を紙に書いた。
 ①夢、目標、志
 ②健康を保つ
 ③火の用心
 ④安全
 ⑤整理整頓
 ⑥お金を大切に
 である。

 昨年は
 ①感謝する
 ②目的を持つ
 ③行動する
 ④確認する
 ⑤健康を保つ
 ⑥蓄財する
 としていたが、これらのうち、①や③や④はかなり子どもたちもできてきたように思う。

 そのため、今年はあらためて、夢や目標や志の大切さ、それが一番大切なエネルギー源だということを述べた。
 健康は、皆留意しているところだが、やはり健康なくしては何もできないため、その大切さについても上位に持ってきた。
 火の用心や安全などは、父が口をすっぱくしていつも話していたことだが、入院中のため再認識の意味であらためて文字にした。
 整理整頓とお金を大切に、という点は、まだまだ毎日の心がけが大切なので、重要事項として挙げた。
 決して家族間のコミュニケーションの原点である「確認」やお互いへの「感謝」が不要になったのではない。
 これらは、まあ日常的にできるようになったと感じられるようになったので、当たり前のこととして、今年は書かなかった。書かなくても当たり前にできるようになったと感じている。が、それはそれでその都度チェックは必要だろうと思う。

 そんなことで、今年も家族協力して混迷の時代に立ち向かって行きたい。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。