中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力回復に向けた取組

 中学3年の時に視力が低下して以降、ずっとメガネを続けてきた。
 一時期、コンタクトにしたことがあったが、海で泳ぐ時につけておられないこと、1年使った時点で画像がゆがんでどうしようもなくなったことから、またメガネに戻った。
 3年ほど前に、そのメガネも合わなくなってきた。
 老眼の始まりである。

 去年の秋、なんとかせねばと思っていた矢先、遠近両用のコンタクトレンズがあるということを知った。
 早速出かけた。
 まずは試用ということで2weeksという使い捨てのものを少し使ってみたが、どうもしっくりこない。
 ソフトレンズなので装用感は悪くないのだが、近くの細かい字が全然見えない。
 にじんでしまう。
 しかし、一応続けようと思い、11月の初めに両目6枚ずつ追加購入した。
 何枚か使ったがやはり近くの細かい文字(特に手書き文字)が読めず、おまけに読み間違いまでする有様で、とても仕事には使えない。

 結局、年末近くに、老眼と近視両方に使える遠近両用のメガネ(境目のないメガネってやつ)を買った。
 ところがそれも近くの細かい文字が見えない点は同じ。
 メガネを頭の上に跳ね上げて裸眼で見る始末。

 それにしても、視力のことでこれほど右往左往するとは思ってもみなかった。

 一昨日、再度コンタクト屋さんに出かけた。
 レンズの度数を調整(別のものに取替え)してくれた。
 残っていたレンズも無料で交換してくれた。
 これなら近くの細かい文字も多少は読める。
 しかし仕事の細かい文字はやはり無理がある。

 行ったり来たりでなかなか落ち着かない。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法

あなたは、「視力は一生治らない」と悩んでいませんか? 実は、視力は「ある方法」...
[続きを読む]

夢のマニュアル | 2011年01月13日(Thu) 16:07


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。