中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

49歳の誕生日に寄せて

 今日で満49歳になった。
 何人かの方からFacebookで祝いの言葉をいただいた。

 大変ありがとうございます!!

 来年からは益々充実の50代になる。
 気持ちがノリノリ、ワクワクしている。

 ところで、日本に同じ生年月日の人が何人ぐらいいるだろうか。
 人口1億2千万人、平均年齢80歳として各年同数存在し、一年の中で毎日均等に人が生まれるとすると。

 12000万÷80÷365≒4100

 ということで、私と同じ生年月日の人は日本中に4千人ほどいるということになる。
 今日同時に4千人の人が49歳になったということだ。
 同性だけでも2千人。

 富山県は人口やら経済規模やら色々な指標が大体日本の1%なので、
 4千の100分の1だから、40人が私と同じ生年月日という計算になる。
 あくまで概数であるが。
 前の会社でも同じ生年月日の人がいた。
 お~い、Iさん、元気か~い。

 芸能人の松田聖子さんも我々4千人の中の一人。
 私と同じ生年月日だ。
 特段ファンではないけれど、同じ生年月日なので、なんとなく親近感はある。
 「私、聖子ちゃんとおんなじ生年月日なのよ!」と言う人が日本中に4千人(女性だけなら2千人)もいるという計算になる。
 ちょっとキモいかも。

 同じ誕生日、というだけだと、故渥美清さんも同じ誕生日だったようだ。
 同じ日、というだけで見れば、

 12000万÷365≒320万

 毎日320万人の日本人が誕生日を迎えている計算になる。
 自分だけの特別な日、ではあるが、320万人の人が同時に同じ日にその「特別な日」を迎えている。

 そういえば、昨年「私の誕生日」というような文庫サイズの本が書店に並んだ。
 365冊置いてあるのである。
 これは大変なマイクロマーケティングだな、と思ったが、よく考えると、1冊の本が実は潜在需要として320万あるわけである。
 あなただけの特別の本、と銘打っていても、市場は320万。
 これは面白いマーケティング手法だなと思う。
 (感心しているような話ではないかも知れないが)

 占いの本にしても同様かも知れない。
 あなただけの、と言いながら、その実、市場性はとてつもなく大きい誕生日ビジネス。
 毎日が誕生日なのだから、工夫次第でまだまだ面白いことができるかも知れない。 
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。