中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インシテミル』を読み、映画も観た

 速読の一環で、たまに小説もいいかなと思い、先日米澤穂信さんの『インシテミル』という小説を読んだ。
 次男が映画を観たという話を聞いていたので(次男は藤原竜也さんのファンだったと思う)、共通の話題ができるかな?という思いもあった。



 小説は、内容は書かないが、ぐいぐい引きつけるような迫力があり、早い速度で読んだけれど、なかなかスリリングで面白いものだった。
 読んだ数日後に、以前録画しておいた映画の「インシテミル」を観た。
 昔の角川ではないが、読んでから観るか、観てから読むか、である。

 小説は飛ばし読みをした関係で、少し理解が不十分な点もあったが、映画を観てすっとわかった。
 しかし、映画は2時間程度にストーリーを映像を交えて詰めなければならないせいか、小説の方が面白かったと思う。
 よくあることで、小説のエンドと映画のそれも違っていたし、ストーリー展開も少し変えてあった。それは特に違和感はなかった。
 映画の俳優はいずれも今の日本の主役級の人々で、豪華なキャスティングであった。
 (藤原竜也さん、北大路欣也さん、綾瀬はるかさん、石原さとみさん、平山あやさん、石井正則さん、武田真治さん、片平なぎささんらである。)


 米澤穂信さんの本はまた読んでみようかと思う。
 小説、映画、どちらもお勧めである。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。