中小企業診断士 中陳和人の                 「夢をかなえるブログ」~目指せあの頂へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一風変わったパン屋さん

 富山県滑川市のちょっと高台のところに「東福寺野倶楽部」というこじゃれたレストラン兼焼物屋さんがある。
 休日はいつ行っても奥さん方やカップル連れで一杯だ。
 今日は穴の谷の霊水汲みに行った帰りに、かみさんと久しぶりに行ってみた。
 ようやく一組分の席が空いていて座ることができた。

 食事のときの敷物が、一枚の紙である。
 そこにはこの先の営業日やサンセット時間、店から見える立山連峰の山々の名前、近隣の地図などが書いてある。

 私の敷物には近隣の地図が描いてあった。
 東の方に「パン工房 とある」と書いてあった。
 すぐそばに神社のマークがある。
 「パン工房 とある」・・・なんだろな?とかみさんと喋っていて、どんな「パン工房」なんだろう、ちょっと行ってみようか、ということになり、食後、その場所を探してみることにした。
 たぶん、そのパン屋さんには「パン工房」としか書いてなく、店の名前がわからないので、「東福寺野倶楽部」の主人もしょうがなしに、「パン工房 とある」としか書きようがなかったのだろう。

 高速の滑川インターの下り口から、山に向かって南下する、一本道である。
 途中、神社があり、その角を左折すると、やがて「パン工房 とある」と書いた看板があった。
 街のパン屋さんではない。
 田舎の、山、とは言わないまでも平野部ではない中腹のところにある。

 あった。
「とある」の外

 驚いた。
 「とある」というのはお店の名前なのだ。
 立山連峰が近くに見える、実に清々しい、いい場所である。

「とある」の玄関

 たぶん、大々的に沢山売ろうというつもりはないのだろう。(と勝手に想像する)
 かみさんがパンをいくつか買った。(ウチのかみさんはパンが大好き)
 なんとかブレッドとかいうのを買おうとしたら、その棚にあるのは全部予約のものらしく、買えないものもあった。しかし手作りでとてもおいしいパンだった。

 店内に「ナントカ恵比寿」の熊手のようなものがあり、思わず、大阪の正月の縁起物かな?と思って、そこに書いてある神社が大阪のどこかにあるものかと聞いた。
 大阪ではなく、愛知県らしい。
 奥様の出身地が愛知だということで、実家の近くの神社の縁起物だという。
 いやあ、はるばる、富山県のこんな田舎までようこそ、と応援したい気持ちになった。

 さわやかな午後であった。
(明日は町内のビーチボールバレー大会だ。頑張らなくっちゃ!)


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。